サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

誇り高く戦うヒロインに好感

2014/08/02 18:57

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

忌むべき左利きの皇女アデリアは父皇帝の政治的保身の為、女神の化身として海の孤島に旅愁として囚われていた。いつか夢の騎士が迎えに来るのを夢見て。
 18歳になったある夜、父皇帝が元老院によって暗殺されたという悲報を受け、船で逃げ出した。海で待っていたのは、亡き父が降嫁を決めていたティティス海南方大陸の民の族長サハーラだった。
 奇しくもサハーラはアデリアが10歳の時、巡礼の旅で出会い、アデリアを花嫁にすると言った男だった。アデリアは自分の侍女や他の者の解放と引き換えに結婚を受諾する。
 サハーラの友人でシャムス人では異端の白い肌のジブリェールが二人の結婚を祝ってくれるが、夜の大天使とも呼ばれるこの男こそティティス海の海賊だった。
三人の邂逅に運命が回りだす----。

 左利きだと言うだけで世界からはじき出されたヒロイン・アデリアですが、それ故に彼女は何時でも毅然と頭を上げている、そんな性格になったアデリアの事が読んでいてとても共感できました。砂漠の男達をも掌の上で転がす様も楽しかったです。
 現実世界のどの場所のどの時代がモデルなのかが読み始めは良く解らなくて、ちょっと物語に入り難かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/22 23:09

投稿元:ブクログ

「花は後宮に燃ゆる」が好きだったんで買ってみました。
蛇の話のところには、ちょっと苦笑しちゃいましたけど、お話として面白かったです。

たかが左利きというだけで、何年も幽閉されていた皇女アデリアは気の毒でしたが、この左利きの設定が、最後ジブリェールとの戦いに生きてました。

あと、序盤からどうしようもない感じで付いてきていたフィリッポ枢機卿。赤いブタなだけかと思ったら、彼の特技も最後に生かされてました。

ジブリェールも個性がかなり強いですが、彼の犠牲のもとでサハーラは国を率いていくって流れになると、もうちょっとどうにかならなかったのかなぁって思いました。

肝心のHは、皇女様とは思えないくらい積極的でしたが、H話がなくてもお話としてよかったって思いました。

2 件中 1 件~ 2 件を表示