サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

MM9 2 invasion(創元SF文庫)

MM9 2 invasion みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

まぁまぁです。

2014/07/02 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うたこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪獣モノのちょっと珍しいSFでしたが、がっつり引き込まれない程度の引力でした・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/03 16:39

投稿元:ブクログ

MM9続編。

今度の主人公は、宇宙物理学者・案野悠里の息子の一騎。前作では小学生だったけど、あれから7年。健全な高校生。
一騎が主人公のせいか、少年漫画か!ってベタなラブコメみたいな展開もあるんだけど、読み終われば面白かった。

こういうエンターテインメント性の高いものも、たまに読みたくなる。無駄にだらだら冗長(重複w)してもいないし、流れも読みやすい。

この後読んだのがつまらなかったので、これを口直しに再読しようかと思ってるくらい…。

次作も文庫化待ってます。

2014/07/24 19:25

投稿元:ブクログ

いやぁ、おもしろかった。ヒメをこう使ってくるか!
怪獣が出現する理屈とか、光速を超えられる理屈とか、本当によく考えられていて、単なる怪獣特撮オマージュではないところがすごい。どっしりとした設定の上に、少しコミカルだけどしっかりと練られたストーリーが乗る。これは、おもしろいですよ。
あとがきで触れられていましたが、アニメ化はぜひやって欲しいなぁ。

2015/07/22 12:10

投稿元:ブクログ

怪獣小説という少ないだろうジャンル。でも面白いです。前作よりも展開が軽快になり読んでいてワクワクしました。ぜひ映像化してもらいたい作品ですね。

2016/05/21 20:09

投稿元:ブクログ

一騎君と亜紀子さん二人の間にヒメ(宇宙生命憑き)が加わって、青春だねぇウン。勿論怪獣もやって来る、何と宇宙から!! 心の動きが楽しい。怪獣とのバトルはテンポが有って面白い。あの塔を出来上がる前に壊しちゃうなんて‥‥あ~ぁ

2016/06/08 21:53

投稿元:ブクログ

手を付けていなかった前作を東京出張に持って出たけど、行きの新幹線の中でかなり読み進み、そのまま読み終えそうだったので、帰りの新幹線のために有楽町の三省堂で続編となるこの本を購入。今度の表紙はエレキングっぽい怪獣ね。
前作から6年が経過し、クリプトビオシス状態となってつくばから北海道へ運ばれることになったヒメを乗せたヘリに正体不明の火球が衝突し、いきなりヒメ対宇宙怪獣の闘いが繰り広げられる…、という幕開け。
ヒメには地球を守ろうとする宇宙人が憑依しており、一方で、宇宙怪獣を導き地球を脅かそうとする宇宙人&妖怪の存在も示唆される。
ここでもまた“多重人間原理”が語られ、ビッグバン宇宙と神話宇宙のせめぎ合いの中で、光より速く移動する宇宙人や推進エンジンを持たない飛行物体の存在も、神話世界からの飛来者として描かれる(総理大臣が、説明は分かりやすくってお願いしているのに、理系の人の説明はそれでもくどいなぁ)。
一騎とヒメのボーイミーツガールストーリーは少々恥ずかしいが、出来たばかりの東京スカイツリーやその周辺でのバトルの模様は壮絶で、そこを起点に皇居に向かって首都の街並みが次々と破壊されていく景観は小説ならではの壮観。
一喜一憂の闘いは、最後にはウルトラマンばりの変身を見せたヒメが、今度もビッグバン宇宙の住人を救うことになるが、敵を屠りさるラストウエポンがなかなかいい感じ。
得体の知れないエピローグが最終巻への期待を膨らます。

2014/06/25 21:40

投稿元:ブクログ

怪獣SFシリーズ。今回は一話完結ではなくて長編でした。また、前作はハードに現実的にしようとしていたが、今回は少し漫画っぽい。でもそこが魅力。ラブコメ展開は個人的に好きでないけど、バトルシーンは最高でした。「3分間」の下りは笑ったー。

2014/06/26 16:59

投稿元:ブクログ

ウルトラマン世代ってどのくらいの幅があるのだろうか。Qを含むウルトラマン・シリーズへのオマージュ。舞台は2012年の日本のように見えるが文中で時折語られる歴史が一部改変されていることからここがパラレルワ―ルドであることが分る。自然災害の代りに怪獣災害が繰り返される世界を描いたシリーズ第二作。ウルトラマンの役を巨大怪獣少女が務めるという元祖オタク作家的展開。当初は激しく違和感を覚えるも知らぬ間に設定に馴染んでいる私がいた。お約束の三分間ネタも出てくる。見方を変えれば異類婚姻譚という伝統的物語世界とも言える。

2015/02/08 14:34

投稿元:ブクログ

MM9シリーズ第2弾。今回は前作と違い、気特隊ではなく少年、少女と怪獣(?)が主役。細かいネタがちりばめられているところがGOOD。個人的にはコンダラネタが良かった。ラブコメ要素もあり。

2014/06/21 02:25

投稿元:ブクログ

好きなジャンルであり、初作も楽しめたのでハードカバー版もすぐにでも読みたかったのだが文庫本をコレクションしている身としては 文庫版になるまで「じっと我慢の子」は長かったなぁ。
前作のコンセプトが、元々は特撮を用いた大人向けの怪奇ミステリーシリーズ『アンバランス』から派生した『ウルトラQ』の形態を踏まえており、大人でも楽しめる「気特対」の面々の視点でドラマが構成されて≪怪獣版・怪奇大作戦≫となっていたのに対し、第2部の本作は最初から少年向けの特撮冒険活劇として企画された『ウルトラマン』のド!ストレートなリスペクトであり、巨大ヒーローストーリーを照れることなく真摯に胸を張って挑んでいる所が気持ち良い。
『ウルトラマン』のメインシナリオライターを務めた故・金城哲夫の筆によるノベライズ作品『小説 ウルトラマン』に倣い少年冒険活劇を今風のボーイ・ミーツ・ガールをを絡めて描いているので、若い読者から見れば≪ライトノベル≫として読める事だろう。が、そこは大人の目で怪獣小説としてを読むか?はたまたテレビに噛り付いて30分という時間を夢中で過ごした「あの頃の自分」の目で読むのか?で印象がガラリと変わる作風を「演出」として得てして行っている所に作者の『御企み』を伺い知ることが出来る。
物語の中では古今東西のSF怪獣映画作品を多数「事例」としてとりあげ、その方面のマニアならばニヤリとさせられる「くすぐり」もサービスとして盛り込まれているのは前作から受け継いで健在。
今回のメインキャラクターとして 登場する人間側の味方である巨大ヒーロー(ヒロイン)はその設定こそ『ウルトラマン』のそれであるものの、容姿の設定は「映像化」が不可能であろう事を承知の上で描いており、今日の日本の特撮、映像の業界に対して「実写では描けないもの」を提言する作者のシニカルな面も見え隠れする。もっとも、今の邦画業界においては、こういうお話は充分な予算も与えられないし、安易に映像化などすると8割方失敗するから「読んでイマジネーションを膨らませて脳内演出する方が正しい楽しみ方である」と同時に活字の話を楽しむ「小説の強み」を作者自身が力強く語っているようにも視得る。 最終巻の「第三部」も非常に楽しみ。

2014/06/24 18:33

投稿元:ブクログ

前作から4年待っての文庫化。
文句なしに面白い!
ただ、高校生が主人公なので恋愛部分は読んでて気恥ずかしかった笑

2015/01/23 09:58

投稿元:ブクログ

続編になったら、ちょっとラノベのラブコメ要素が強くなって、1巻の世界観の説明や怪獣が存在する理由付けの辺りのSFらしいところが吹っ飛んだ気がする。

まあ、読み物としては面白いのですが、1巻ほどの感動はないかな?

ウルトラマンが、実は少女で、思春期の悩みを抱えてるって言うパロディ小説になってます。

1巻のファンとしては残念。

小説としては面白いので満足。

2016/08/28 10:40

投稿元:ブクログ

 映画『シン・ゴジラ』を観て読みたくなって積んでいたこの本を手に取る。
 MM9シリーズの第2巻であり、新シリーズの前編ではあるが、この本の中でも一区切りは付いている。
 某ウルトラマンを彷彿とさせるニヤリあり。  怪獣が自然災害として扱われる世界。
 行動パターンや、その他の情報から、怪獣の性質弱点を推理してやっつける系の、濃い理論飛び交うハードSF。
 今回の敵は、宇宙怪獣。
 秋葉原のヲの字全開のシーンは、ライトノベルでやってほしかった気もする。
 ノンケ(非ヲタの意)置いてけぼりの暴走。

13 件中 1 件~ 13 件を表示