サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

街の人生

街の人生 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

13 件中 1 件~ 13 件を表示

2016/04/13 23:53

投稿元:ブクログ

読みにくい…そのままだと、雰囲気とか分からないし、なんか多分何か聞いたなとか端折ったなとかあって。残念。

2015/08/23 21:35

投稿元:ブクログ

インタビューの対話形式をほぼそのまま文字にしているため、全然すらすらとは読めない。読むの疲れる。が、グイグイ読ませる。
個人的には、風俗で働くシングルマザーが面白かったかな。顔も名前も知らない相手の公私、という状況でもあり、変に飾らない本音が語られているのだと思う。
最後のおっちゃんは特に読むの疲れるけど、まさに波乱万丈な人生の末、という感じがした。何回か「普通の人生だったかもしれない生き方」と自分を比較していて、ちょっと切なかった。

こういう一人の人生の一本が複雑に絡み合い形成されてるのが社会なんだなと思った。

2014/09/13 16:04

投稿元:ブクログ

あまり"編集"されていないインタビュー集。収録されているのは、5人の人たちの「自分の人生の語り」。それは、普通の人生の記録であり、「普遍的な物語」である。

著者(というべきなのか、編者というほうがまだ近いような気もするが)は、「はじめに」でこんなことを書く。
▼私たちはあらかじめ決められた状況に閉じ込められ、その範囲のなかで、必死に最良の選択肢を選んで、ひとり生きるしかないのです。ここにあるのは、私たちと同じ普通の人びとが、たったひとりでさまざまな問題に取り組んだ、普通の、しかし偉大な物語なのです。(p.iv)

自分の人生を語った人たちと、著者はたまたま出会っている。たまたま出会った人との1、2時間の会話を記録するのは、「それが私たちの人生の、なにか非常に本質的なことと関係しているように思われるから」(pp.iv-v)という。

▼「私」というものは、必ず断片的なものです。私たちは私から出ることができないので、つねに特定の誰かである私から世界を見て、経験し、人生を生きるしかないのです。(p.v)

ここの箇所は、齋正弘の『大きな羊のみつけかた』で語られていることと似ている気がした。描かれた絵にあらわれているのは、それを描いた人が見ている世界であって、その絵を見る「私」が知っている世界とは違うものがそこにある、ということと。

5人の語りは、どれも、おもしろかった。スゴイ人の話ではなくて、ふつうの人の話。

5人目の語りとして収められている「西成のおっちゃん」矢根さん(仮名)は、私の知っている人だったから、その声を思い出しながら読んだ。ほんのわずか、これまでの人生の断片を聞いたことはあったけれど、この本で語られているほど多くのことは聞いたことがなかった。

矢根さん(仮名)は、お風呂に入っているときに一人でスッと死んでしまった。西成へ、そうしょっちゅう行くわけでもない私が、その亡くなられた日の午後に、紙芝居劇むすびのマネージャーさんと会っていて、その喫茶店に矢根さん(仮名)もいた。雨が降り出した中を福祉マンションへ帰っていく矢根さん(仮名)を「気をつけてー」と見送った。その翌日に亡くなったと聞いて、昨日会ったのが最後になるなんて思わなかったなーと、それは強く感じた。

ほかの4人の人たちの語りも、じーっと読んだ。たとえば、「りかさんにとって、人生でいちばん大切なモノって…」とインタビュアーが問うているところなんかで、私にとって、それは何やろなーと考えたりした。今の私と近い歳の人の語りでは、同じころに私は何をしてたっけなーと考えもした。

(9/12了)

*この本のテキストは、組版の問題なのか、なにがどうしたのか、1行の中でまるでだるま落としのように1文字だけ横に飛び出しているところがあったり(54ページの最後の行)、不思議なところで行間が広く空いていたり(たとえば109ページの1-2行目)、どうやったらこんなんなるんかなと思った。

口語が文字化されているので、通常の書きことばと違うところがいろいろあるが、それでも以下のところは、やはり誤脱字かなと思った
p.101 何かヤなところが見えりとか���→ 見え【た】りとか
p.105 入店して当時なんて → 入店し【た】当時なんて

2014/06/06 10:37

投稿元:ブクログ

読んでいて、ある章で立ち止まってしまった。それらしい出来事に悩まされた訳でもなく、世代的にも生きてきた環境的にもあまり共通する所が無さそうなのに、何かに感じ入ってしまい読めなくなった。その原因が分かるまで何度となく読み返すことになりそう…

2014/10/09 19:05

投稿元:ブクログ

無名の誰かの人生語り。あけすけに言うならば、他人の人生を覗く楽しみ。ちょっと気取って言うなら今日すれ違ったかもしれない誰かの話。極力編集されず、ただただ話されるそれぞれのストーリーは、だんだん音になって聞こえてくるような。

今回はマイノリティと呼ばれる人たちが中心だったけれど、会社員とかのも読んでみたい。

2016/11/23 16:44

投稿元:ブクログ

前知識なく読みました。

冒頭の一文、
「我々が空想で描いて見る世界よりも、隠れた現実の方が遥かに物深い(柳田国男)」を踏まえて読み続けました。

ゲイ、ニューハーフ、摂食障害、シングルマザーの風俗嬢、元ホームレスの人生の記録が、インタビュー方式で淡々と記されていました。
生きるためには都度選択肢を選び、そしてまた選びを綴ること。それが一つの命の灯火としてあり続けるのだと感じました。

私は生き様という言葉が大嫌いです(他人が使うべきではない言葉だと思う)
人には奥深さがあり、人の人生は言葉ひとつで語れるものじゃないなと思いました。

2015/10/31 23:17

投稿元:ブクログ

普通に暮らす人々の、暮らしの語り。
よくよくありふれた、という意味での「普通」ではないのだろうけど、そこに生きる人の生活を淡々と綴ってあります。
色をできるだけ着けず、ありのままで収録したとのことですが、わかりやすさはマイナスかもしれないけれど、生々しさが凄いです。
読み終わったあと、なんとも言えない気持ちになっちゃいましたけど、これってフィクションじゃないんだよなーと思うと生活ってそれぞれのドラマだな。
語り手はよく笑っているんだけど、これって緊張してる時なんかに反射でやっちゃってることだよね…っていうのが自分にも当てはまるから、なんだか妙にリアルに感じました。

2014/07/11 17:35

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB15753444

2016/06/02 23:15

投稿元:ブクログ

読んでいて、この人が一番話したかったのはこの部分かな、というのがあるような気がした。無意識のうちか意識してかはわからないけれど、強調されるというか。
にしても、‘普通’の人達ではないよね。

2014/10/25 21:01

投稿元:ブクログ

在日外国人、ゲイ、風俗で稼ぐシングルマザー、ホームレス。社会的マイノリティーの人との、ナマの声。
人はどうして人と比べたり、差別したりするんだろう。

2014/10/05 14:58

投稿元:ブクログ

世間から、「ずれた」人たちへのインタビューを収録した本。
(私個人的には人間みなどこかしら世間からずれてるだろうって思ってるけど。
色々考えさせられる。

2014/12/20 21:03

投稿元:ブクログ

口語文で読み辛かったけど、皆が人生の主人公で、それぞれがそれぞれらしく人生を全うしようとする様が、愛おしく感じられた。特に西成のオッチャンの話で、人間の尊厳の大切さを思う。

2016/05/02 00:07

投稿元:ブクログ

特に有名ではない、普通の人々のライフヒストリーについてのインタビューを文字に起こし、極力編集せずに掲載した本。

日系南米人のゲイ男性、40代のニューハーフ、摂食障害の主婦、3人の子供を育てるシングルマザーの風俗嬢、大阪・西成の元ホームレスの老人と、さまざまな人生を垣間見ることができる。

思えば他人の人生って、知っているようで知らない部分の方が多い。過去に何があって、どう決断して、いま何を思っているのか。

自分以外の人生を少し覗くことで、自分自身の生き方が浮き彫りになっていくようで面白かった。

13 件中 1 件~ 13 件を表示