サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

楽屋裏-貧乏暇なし編- 3

楽屋裏-貧乏暇なし編- 3 みんなのレビュー

  • 魔神 ぐり子
  • 税込価格:7206pt
  • 出版社:一迅社
  • 発売日:2014/05/24
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

泣いた

2017/02/16 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

カーチャンの話はちょっとヤバイです…。
てか、夫の了承がないと手術できないなんてあるの??
死ぬか生きるかのときに、そんなの言ってられなくない…??

母に矯正される父にほっこりし、
その後の話に泣きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさかの泣ける漫画でした

2016/12/18 20:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔神さんと編集者さんたち、友だち、猫との笑える作品のはずが作者のお母様のエピソードで号泣してしまいました。ただ ただ切ないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/13 17:32

投稿元:ブクログ

連載100回目にして最終巻。

こんなノリのマンガなのに、後ろのマンガが異常な程泣かせてくれる。

それ以外は、小林さんが真面目すぎてつらい(笑

2014/06/20 21:10

投稿元:ブクログ

うーむ、これが最終巻となると、何だか名残惜しいし、大いに残念だ
漫画家の苦難や苦労を同じく描いた『バクマン。』より肌には合っていたから
漫画業界の裏を、身も蓋もないほど、それこそ、漫画家を目指している若人から向上心、挑戦意欲を奪い、才能を根元からヘシ折るような、ドタバタギャグであった
四コマ形式で読みやすいってのも、個人的にポイントが高かった
キャラが緩く描かれているのに、可愛気が微塵も感じられないってのも、それはそれで良かった
同時収録されている『漫画家デビューはしたけれど』も、魔神先生とは違う・・・魔神先生にかけられている苦労を細部まで描いていて好きだった
しかし、あれだ、こんだけ、漫画家に対するイメージを散々にブチ壊すような内容の漫画を描いておいて、最後の最後に感動ストーリーをブチこんできて、読み手を思わず、ウルウルさせた点は、実に反則的だ・・・・・・マヂに悔しい
ホント、これで終わってしまうのはもったいないし、エッセイ漫画業界としては小さくない損失だと思うので、魔神先生は週2で働いて、新シリーズを連載すべき
けど、そうなると、魔神先生に振り回される犠牲者(担当編集)が出る訳だ。それはそれで、可哀相かなぁ
まぁ、とりあえず、お疲れ様でした、魔神先生、井上さん、小林さん、小柳さん

2015/02/07 12:51

投稿元:ブクログ

楽屋裏第2部最終巻。大好きな作品だったのでさみしいです。またどこかで魔神さんの日常系4コマを読めるといいな。おまけ漫画には泣かされました…。

2015/09/05 20:58

投稿元:ブクログ

前の担当・小柳と比べて影の薄い感じを受けていた覆面小林だったが、最後のある意味のサプライズを残して去って行く辺りやタイプミスの「おさせになっております エロサム小林です」のネタを提供する働きぶりときめ細かな対応は担当者として鑑だった。
そして、いつもの楽屋裏で幕閉じると思ったらまさかの切なくも泣かせる話を用意しているとは…!読んでいる間、創造主に頭いじられたのかと思って何度読み返しても楽屋裏で魔神ぐり子だった。
著者は働きたくないとは思いますが次回作も楽しみにしています。担当編集者はお疲れ様でした。

6 件中 1 件~ 6 件を表示