サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

野良犬にさえなれねぇ(ルチルコレクション)

野良犬にさえなれねぇ みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/06/28 11:24

投稿元:ブクログ

心にズシンと響くものがありました。
若気の至りでやんちゃな青春時代を過ごした過去。いつも何となくつるんでいた仲間。そして、いつかは別々の道に分かれやがてそれぞれ違う人生を歩んで行き。
でも、どんなに変わろうといつまでも断ち切ることのできない絆が心の中にあり続ける、そんな関係。ノスタルジックな気持ちにさせられます。

「ハートに風穴」はそんな関係にあった保、洋平、蓮の三人の現在を、保の義弟である央登の視点から描いています。
重くてちょっと痛い話には違いないけど、あえてドライでからっと笑い飛ばす雰囲気がますます漢気をあげていて、カッコよさすら感じさせるところがいいですね~
央登が洋平や蓮に憧れる気持ちがよくわかるし、兄や洋平に大事にされているのも凄く伝わってきます。洋平といい、保といい、央登への心配とラブがハンパなくてニヤつきました。

そして表題作は、蓮がどうしてそんなサイテーな人間になっちゃったのかというストーリーで、高校時代の3人の過去が描かれています。
切ないです。うるっとしてしまいました。
やんちゃしていた仲良し3人だったけど、家庭環境はそれぞれ微妙に違っていて、抱えている闇がある奴ない奴の落差もどんどん見えてきて、いつまでも一緒にいられないこともわかってくる高校卒業間近の空気感。
すごくよく出ています。さすがです。
そんな中、蓮を想う洋平は何とかしてどんどん堕ちていく彼を守りたいと思うけれど非力で、逆に蓮から拒絶という形で守られてしまいます。
洋平のそれからの人生に、蓮はものすごく影響を与えているんですよね…二人の関係に萌えまくりました!
そして、これからは洋平と央登が自然なカタチで幸せになればいいと思える結末でした。
あ、でも保がもっと心配性になるんだろうな~
門限秒読み兄ちゃんに涙が出ました。

2017/04/25 18:15

投稿元:ブクログ

久し振りに読んだBLである。シスコさんの作品は、実は同人誌時代に及ぶ…自分が会費を払って会員になっていたオリJUNE同人サークルの、メイン描き手のお一人だった。会費を払って原稿を提出しても、冊子に乗るかどうかのレベルが高く、審査が入り、つまり編集者がいて、会員の殆どは回避を払って会誌を購読する購読会員みたいな、それくらいレベルの高いサークルだった。私は小説書きをしていたが、ある時期を迎えるまで、一作品たりとも掲載された事がなかった。ある時期とは、小説JUNEで中島梓が主宰していた「小説道場」と言うコーナーで、投稿作の中から「良いでしょう」と言う部分を取り上げるほんの小さなコーナーに、私が公募した作品が載ったのだ。小説道場に取り上げられた作品、と言う事で(門下生にもなれなかったが)初めて会誌に作品を掲載させて貰った。そうか、そう言う事か、JUNEでほんの少しでも取り上げられれば会誌に載せるのか、と、斜に構えた気持ちになり、会を奪回し、オリJUNEジャンルの小説を書くのを辞めてしまった。なので、この作家さんには個人的に非常に複雑な感情が付いて回るので、冷静に読むのが難しいのだが、1話(前・後編)の「ハートに風穴」の義理の兄、兄の悪ダチ二人、そして高校生の自分、と言う関係性が非常に面白く、楽しんで読んでいた。BLには違いないんだけど、ノンケを(あんまホモばっかだと現実離れしすぎてるもんなぁ)的に入れるんじゃなく、ノンケの方が圧倒的に多いんだから、それも含めて人間関係として描かれてたなぁ。自分では決して救えないもどかしさが詰まっていた。

2014/08/11 09:53

投稿元:ブクログ

傷つけられてもそれ以上に補う愛をもらえる央登だけど、環境だけじゃなく、理不尽な集団レイプと急に向けられた敵意を、誰にぶつけるでもなく自分の中で浄化しようとする姿は誰より大人だった(T-T)未遂にしない語先生は鉄板なのでそこが好きなんですが。

てか、蓮がなんなんだろう…悪環境で育ったかもしれないけど、なんで旧友の弟にあんなことできるんだ。収録順が現在→回想(表題作)になってるせいで、蓮=悪魔な式ができちゃってて攻めと肉体関係にあったことも、攻めがまだ引きずってるのも納得いかん…。救いようがない。

★4か迷ったけど、結局攻めの優柔不断な愛情が分かりにくかったから…。でもこれから自然な流れで付き合いが始まればいいと思う。ヤンキー兄のブラコン愛が最も映えたストーリーでした。

3 件中 1 件~ 3 件を表示