サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

死にたがりと雲雀 1 (KCx ARIA)(KCxARIA)

死にたがりと雲雀 1 (KCx ARIA) みんなのレビュー

  • 山中 ヒコ
  • 税込価格:6275pt
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/05/07
  • 発送可能日:24時間

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

BLじゃないのかと思ったけどヒコさんの描くものは良い♪

2016/10/04 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがの「山中ヒコ」クオリティー!泣けるし笑えるし。
ですが40代でも「ちょんまげ」需要はないと思います。
でもヒコさんだから読みます(*σ´д)σ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/21 23:42

投稿元:ブクログ

優しいやさしい、本当に優しい物語だった。人情って言葉がぴったりくるような、こういう温かみのある話は読んでいて幸せになる。

2014/07/25 12:32

投稿元:ブクログ

雲雀の細い脚…あの細い足を踏ん張る様に朽木と同じ気持ちになってしまう、それだけで十分な作品。丁度、風野真知雄さんの根岸奉行シリーズにハマっている事もあり、江戸の町の風景が絵で見れる、と言う個人的な楽しみもあり、とても好きになってしまったこの作品。
雲雀の運命に「可哀想…いじらしい」と思うだけでも読めると思うが、照れた無邪気な笑顔とか、越棒に負けまいとする無表情とか、山中ヒコの絵の魅力を存分に味わえると言う意味でも凄く好きだ。繰り返し読み返したくなる…訳あり朽木の正体も気になってしょうがない。

2014/11/15 14:08

投稿元:ブクログ

なんだかんだ雲雀が長屋の人に愛されていてほのぼのする。
先生の過去は次の巻、明らかになるのだろうか?

2015/02/03 17:24

投稿元:ブクログ

ちょっとやるせない。
江戸時代、寺子屋に通うなんとも事情な子供達。
そして先生もいろいろありそう。
世の中は世知辛く、そして人に冷たい人もいる。
子供が辛い話はちょっと悲しいかな。

2014/07/13 15:35

投稿元:ブクログ

雲雀ちゃんがいくつなのかわからないけど
家事いろいろできるってことはそれほど幼くもないんだろうけど
雲雀ちゃんのひたむきな愛情が泣けてしょうがなかった

2015/08/26 01:04

投稿元:ブクログ

まだまだこれから、という感じ。
各々の登場人物の過去や重いに胸がきゅっとなる。耐える、忍ぶ、そんな表現がとても切なく愛おしい。
これからも楽しみ。

2014/06/05 12:05

投稿元:ブクログ

連載当初から本誌で読んでいたので、単行本が出て即購入!
これは本当に、今一番展開が楽しみな漫画です。雲雀のひたむきさに何度涙したことか…。朽木先生と雲雀はお互いを包んでいるんじゃないかな、精神的に。

2014/12/03 16:42

投稿元:ブクログ

作者買いしたものの舞台が江戸の下町という時代物で、ちょんまげはちょっと…って思ってたら、何これ泣ける(´;ω;`)雲雀、超良い子。竜二がかわいいですw

2015/12/11 06:34

投稿元:ブクログ

わかりやすすぎる感動もの。山中先生らしさがあまり感じられなかった。父親の罪を他人に押し付ける雲雀ちゃんに共感できず…。ツンのレベルを超えてるって。

2014/05/09 18:34

投稿元:ブクログ

涙が止まらなかった。
純粋で、ひたむきな雲雀の生き様が、強くて、弱くて、切なかった。

老若男女問わず、是非読んでいただきたい。

2015/03/31 07:27

投稿元:ブクログ

荒れ寺に住みつき、寺子屋を開いた浪人・朽木。荒れて子を顧みぬ父をひとり長屋で待つ少女・雲雀。どこか寂しさを抱えるふたり。そして事件は起こったーー。

江戸下町人情ものです。幼いのに家事全般をこなす雲雀が健気可愛い。ベタですが、きっちり泣かせます。何故だか時代物だと素直に泣ける気がしますね。

2014/05/24 19:23

投稿元:ブクログ

2014.5.24

何やら訳あり風な浪人 と とある事件で一人になってしまった雲雀

毎回泣いた
号泣だよ

これ良いよ!
すごく良い!
オススメする!

13 件中 1 件~ 13 件を表示