サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

とりぱん 16 (ワイドKCモーニング)(モーニングKC)

とりぱん 16 (ワイドKCモーニング) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

関心の持ち方一つ

2014/08/17 15:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

身の丈ワイルドライフを自称する著者のコミックエッセイ。
相変わらず理解できない人には、全く面白さが伝わらないタイプのマンガ。

そんなマンガであっても、16巻目に突入。
1巻の出版が2006年であるから、かなりの長期連載のマンガとなっている。

ドラマチックな展開がないからこそ、ここまで続いているのだろうか。
日常生活にドラマチックな展開が、たくさんあっても、それはそれで疲れてしまうが・・・。

毎回、感じるのは、作者の観察眼の鋭さ。
いつもの日常だとしても、関心の持ち方一つで、見慣れた光景でも新鮮なものに見える、といういい例だろう。

翻って、自分は、どれほどのものを見過ごしているのだろうか、と少し不安になる。

ところで、今回の巻では、カルガモ親子の話題が出てくる。(全体のほんの一部だが)
今年は、自分もカルガモ親子の観察ができたので、その姿が重なった。

描かれているチビカモの様子を見ると、作者の暖かい眼差しまでもが分かるような気がする。

暑いと昼間は外に出る気力さえなくなるが、朝晩、「秋の気配」を感じるか、ちょっとだけ気にするようにしたい。
無論、見たり、聞いたりするだけでなく、味わう方でも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きとし生けるもの

2016/07/30 17:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こけさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

野鳥を扱うマンガ。野鳥だけにべったりふれあうということはない。しかし、それが人間と自然の生き物と付き合うときの正しい態度であるように感じられる。野鳥など自然の生き物から見たとき、私たち人間は異質な存在なのだ。それを思い知らせてくれるような気がして、毎回本が出る度、買ってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鳥は好きですが

2016/07/23 00:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルイス - この投稿者のレビュー一覧を見る

野鳥が大好きで読み続けているとりぱん。
夏になると虫話が多くなるのが少し苦手です。
最近は特に虫話が多く金魚の話ももっとあればいいのに。
玄関前の大きな蜘蛛の巣はさすがに無いなと思ってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/27 21:54

投稿元:ブクログ

ちょっとパターン化してきたかなと思ってしまった。この人の周りの状況に愛着が湧いている人ならいいのかと思う。

区切りでなんだか詩人になってしまう、あのノリについていかれず、そこだけ避けて読むことにした。どうしても肌に合わないのだから、しょうがないかな。

虫とトカゲの話はおもしろかった。

2015/10/25 02:01

投稿元:ブクログ

東北地方のとある県にて、身のまわりの動植物(特に野鳥。でも昆虫や植物まで様々)の様子や変化の観察記。
本巻では、初期に登場していたメイン・キャラクター:ボンちゃんことアオゲラが登場しなくなり、変わってアカゲラの登場が多くなった。毎年工夫され、変化(進化?)を遂げるご自宅でのエサ台も面白い。

2014/05/25 08:19

投稿元:ブクログ

生き物好きにはたまらない本です。絵がうまく動物ネタなので後味がイイ!全巻読んでますが、どこにそんなねたがあるの?とゆうくらい面白いです。

6 件中 1 件~ 6 件を表示