サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

玉響

玉響 みんなのレビュー

  • ゆき 林檎
  • 税込価格:7006pt
  • 出版社:大洋図書
  • 発売日:2014/05/31
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (17件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
28 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

久々にじーんと出来ます。

2016/05/05 11:41

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:彩きゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この先生の作品は初めて読みましたが、時代物ということもあってか奥ゆかしさがあり、読み終わった後に「じんわり」胸に温もりを残していってくれていることを感じとれる作品です。

人の思いの深さと美しさが伝わってきて……それでいて主人公たちの成長と共にその感情が見え隠れするとこなど"きゅん"とさせてくれます。

ラストまでの展開が「そう来たか」と読者の「思考」でストーリーの方向性を委ねてくれているのかなと思わせる「楽しみ」もある作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

玉響

2016/08/07 16:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なまさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

珠玉の作品。二人の関係が大切に描かれています。時代物ですが、違和感なく読めます。ストーリー重視の方、満足できます。ふいに読み返したくなるような、心に染みる内容でした。絵も美しく読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

きゅんとしました

2016/10/25 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:s...y - この投稿者のレビュー一覧を見る

立花の言葉に胸が締め付けられるくらい、きゅんきゅんしました!
麻倉の立花に対する想いを気づかされ、想いを打ち明けるシーンではなんとも言えない気持ちになりました。
すれ違うシーンでは切なくなり、想いが通じ合った時は、ただただよかったと思いました。
何度も読み直してしまっています。
とっても好きな話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すごくきれいな恋物語

2016/06/26 17:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大正時代という背景、自由がなく家に縛られる男子たち。
再会により、麻倉と立花の危うい関係が少しづつ崩れて行くさまは
本当にドキドキしました。
抱きしめるシーン、接吻の場面はきれいだなと思いました。
関東大震災を経て、大人になり
麻倉は立花を探し求めいよいよ自身の結納間近に
やっと立花を見つけ出し、でも家には女がいて
お互い身を固めようというとき、
麻倉は想いのたけを立花にぶつける場面は
震えました。二人が一緒になれるんだと
うれしく思いました。

最後の年老いて回想するところは
静かな感動を覚えました。

素晴らしかったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい。

2016/04/16 00:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

読了し思わずため息が出ました。
とても澄み切った空気を纏った作品だなと。
絵柄も相俟って、切なさに胸を打たれました。
個人的に最後のシーンが1番ぐっときました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

この展開が読みたかった・・・!

2016/03/16 19:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひばな - この投稿者のレビュー一覧を見る

大満足です!
時代物BLであれば、こう来てほしいという展開をすべて抑えてくれました。言うことなしにパーフェクトです。
デッサンのしっかりした画力はもちろん、時代物の特有の窮屈な空気に、寮生スパイスがしっかりと効いています。

歯がゆい関係性を突如として締めくくる、関東大震災。。。グッドエンドにふれるか、バッドエンドにふれるか、最後まで目が離せませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

小説を読んだような満足感

2015/09/09 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶーにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

関東大震災が起こったのは大正12年。大正時代の情緒あふれる絵がとても素敵でした。読んだ後に表紙をみると二人の想いが現れていて本当にぴったりの絵だと思いました。ハッピーエンドですが読み終わると胸がキュッ切なくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とても好きな作品

2014/06/19 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青くん - この投稿者のレビュー一覧を見る

素直に気持ちを伝えることは 大切だなぁ・・・と改めて感じさせてもらえた作品。
相手を愛しく想う気持ちが、全編を通して伝わってきた。
とても好きな作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい本

2016/09/17 10:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶちねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の絵から美しい本だなあと手に取りました。
大正時代の窮屈さの中でとらわれている二人のもどかしさが萌えます。
それぞれのお相手の女性とあっさり別れたのかなあ?と疑問な所ですが、グッドエンドになったのでスルーしちゃいましたw

この本を読んだ直前に同じような状況で、結ばれなかったカップルの話を読んだので、こちらの二人がグッドエンドで本当に嬉しかったです。
後日談になる餞が泣きそうでした。穏やかで幸せだったんだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代ものでも気にならない

2016/05/06 19:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:千那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後まで澄んだ感じというか、さらっと流れるように読めました
展開がやや急すぎ?と思った箇所もありますが、大正時代らしさも生かされていて良かったです
特に最後は納得せざるを得ない素敵な終わり方でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

じれったい。

2015/02/26 22:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人気作品のようでどこの本屋さんでも見つけられずhontoさんで漸く見つけて購入しました。
基本的にハッピーエンドが好きなので、途中の展開から悲恋なのかとそわそわしながら読んでいたのですが、よかった最後はハッピーエンドからの・・・未来です。
ああいうシーンがあるとどうしても涙が出てしまいます。
最初は焦れったくて仕方なかったですが、だからこそ結ばれたときのうれしさはひとしおです。ゆき林檎さんの絵とこの時代の雰囲気がとってもマッチしていてより世界に引き込まれたように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/11 16:45

投稿元:ブクログ

大正浪漫。好きな世界観でした。絵柄と話の内容がドンピシャ、はまっています!
幼馴染みはいいですね。そして、想いあうけれどすれ違う二人の姿を時の移り変わりの中でゆっくりじっくり描いているところもいいです。

大正時代だからこその、切なく悲しく美しい想いが胸に響きました。制約や障害が多ければ多いほど恋が燃え上がり、それを乗り越える恋人同士の姿に感動して涙。現代ものじゃ絶対出せない萌え感です。
そんなロマンティックな大恋愛に久々に遭遇できました。

分厚い一冊なので読み応えは充分なんですが、それでももう少し掘り下げてもらいたい箇所もあったしあの人はどうなったのか?と気になる登場人物もちらほら。
王道だなと思う場面もあり、何となく展開も読めてしまう部分もあったけど、そんなすべてが最終話でやられました…
泣けたし萌えた…
今までずっと自分の恋心に後ろ向きだった麻倉が、始めて真正面から正直に、そしてありったけの熱情をむき出しにする場面は感動の極致でした。
麻倉の言葉を思い出す度に、涙がこみあげます。
安堵できるラストの描き方もよかったです。

「餞」も想定外に萌えました。強力に私的ツボ!色香がハンパないです。
男同士が愛し合って一緒に暮らすには困難だろうと容易に想像がつく二人の未来ではあるのですが、それでもすごく幸せだったはずと確信できて、また感動しました。

2014/09/25 15:39

投稿元:ブクログ

胸キュン★★★☆☆   ストーリー★★★★☆
エロ  ★★☆☆☆     絵  ★★★☆☆
雰囲気のいい作品。
大正時代の全寮制の高校で、バカ騒ぎする男たちの中に自分の性について考える男二人が別世界にいるように感じました。
そんな中時代の流れに翻弄され、でもそうやって翻弄されたからこそ、自分の生き方とは何なのか。このまま死んでも自分は後悔しないのか。大切なものは何なのかと考え、大切なものを選び生きる話って感じで、ちょっと切ないスパイスが全編に漂ってて好きでした。

2015/01/17 16:53

投稿元:ブクログ

時代背景、雰囲気、話の流れや内容、すべてが好みでした。
特別萌えるとかきゅんきゅんしたとかではないのですが読んだ後何だか幸せな感じになりました。

2014/08/24 18:31

投稿元:ブクログ

大正時代の上流階級、全寮制の旧制高校の世界観が好きな方にはおすすめしたいです。気まずい別れ方をしたまま会っていない幼馴染と高校で再会します。
絵もストーリーも繊細で綺麗で、惹き込まれました。想いが通じ合った後も家柄や将来のことでの苦悩があって、なかなか一緒になれないのが切ないです。
友達や女性キャラも嫌な感じではなく、個性強すぎずよかったです!数十年後の二人の描写にはジーンときます。

28 件中 1 件~ 15 件を表示