サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

絶望相談室 (花とゆめCOMICS)(花とゆめコミックス)

絶望相談室 (花とゆめCOMICS) みんなのレビュー

  • 角川 しい
  • 税込価格:4634pt
  • 出版社:白泉社
  • 発売日:2014/05/02
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/05/12 23:18

投稿元:ブクログ

 「ヤフー知恵袋」や「教えてgoo」のような「相談サイト」を題材としたホラーマンガ。
 「悩み事を100%解決してくれる」と噂の相談サイト「BOW」。悩みを抱えた少年少女が、このサイトを利用すると、本当に悩みが解決する。しかし、その代償を支払うことに……。というのが大まかな内容。
 1話完結スタイルなので、楽しんで読むことができた。結局同じ流れなので、最後の方はややダレてしまったが。

 かつて一世を風靡したウェブサイト「こ~こはど~この箱庭じゃ?」に始まり、インターネットとホラーをかけあわせた作品は意外に多い。その意味では本作に目新しさはない。
 しかし、たとえば「こ~こはど~この箱庭じゃ?」が題材としたのは「BBS」、渡辺浩弐さんの『2013年のゲーム・キッズ』から「謎と旅する女」が題材としたのは「ブログ」、そして『絶望相談室』は「相談サイト」といったように、インターネット上に流行する様々なツールがすぐさまホラーに転換されるというのは面白い。
 こう考えると、やはりインターネットとホラーとは親和性が高いらしい。


【巻数】全1巻
【掲載誌】ララメロディonline 他
【連載年】2013年~2014年

1 件中 1 件~ 1 件を表示