サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

マリアボーイ (MARBLE COMICS)(マーブルコミックス)

マリアボーイ (MARBLE COMICS) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
24 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

DV監禁あり

2016/03/31 01:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マレ山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

DVや監禁など暗くなりそうな部分もありますが、笑いありギャグありなので重くなりすぎず読みやすかったです。
温かい手作りご飯を食べて泣くシーンはグッときました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

登場人物がかわいい

2015/08/09 12:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりお - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵柄と内容に惹かれて購入しました。
テンポがよくてすらすら読めます。ヨシキには幸せになってほしい。
電子書籍版を購入しましたがカバー裏が掲載されておらず非常に残念でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し痛いお話

2015/06/05 12:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶーにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し前に話題になっていた本だったけど表紙からすでに痛そうだったので敬遠してたが読んでみた。重い内容で気分が暗くなりそうなのに弟がしっかりしているからそんなに暗くもならずすごくうまくまとまっていました。兄にも穏やかな恋がおとずれて幸せになってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/25 11:50

投稿元:ブクログ

表紙買いです。とにかく表紙と導入部分がすごくよくて、あっという間に引き込まれました。
いろんな意味で意表を突かれる展開で、表紙ほど中身の絵柄は好みではなく雑だなと思ったりもしたんですが、ストーリーにインパクトありました。

最初いきなり、美容師のヨシキに高校生のしゅうが黒髪戻ししてもらっているシーンから始まります。ヨシキからピアスをなぜ開けたのかと尋ねられ、それにしゅうがこたえる、というだけの場面。でも、他の説明がなくてもそれだけで二人の背景がぐぐっとあれこれ見えてくるんです。これはすごいなと。
その後もたたみかけるように、まさかまさかの真実がわいてでてきて目が離せなくなりました。
センセはすごい感覚の持ち主ですね~

いろんな目線を通してヨシキのことが描かれていて、その度に新しい一面が見えてくるサプライズ感がよかったです。
ヨシキの28までの人生が少しづつ明白になり、しだいに彼の孤独や不安が露呈されていきます。知る度に痛みが胸を直撃。
でも、なんか惹きつけられる魅力の持ち主なんですよね…
そんな彼の前に現れた加藤が、また意外性バツグンのキャラ。明るいアホらしさもあって男前で、ステキです。
彼ならヨシキを幸せにできるなと確信させられました。

学生cpの、なおととしゅうの話も思ってもいなかった展開で( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまいました。
ここまで何度も何度もあっといわせてもらった作品は久々ではないかとww

★5つでもよかったんですが(カバー下の力作も読み応えあったし)、絵柄が表紙やストーリーほど好みじゃなかったという私的理由で。

2014/11/16 00:07

投稿元:ブクログ

苦手かな〜?と思いながら読み進めたけど思ってなかった方向で面白かった!エロと笑いとシリアスのバランスが絶妙。ただ感性だけでもってる感があるので、余計なお世話と思いつつも時系列と繋ぎをもうちょっとどうにかしたらもっと素敵な作品になったのではと思わずにはいられない…。

2015/07/20 22:31

投稿元:ブクログ

前半「好きだよ、秘密だよ」は男子高校生の初恋話、後半「マリアボーイ」は前半にもでてくる股のゆるいどうしようもないかんじの兄(表紙の人)の話

マリアボーイがとにかく良かった、、これは不憫受けっていうのかな、自ら幸せになることを捨ててるかんじの報われない系受け
そんな受けであるヨシキのなかにズカズカ土足で踏み込んできて気まぐれに優しくしちゃう加藤くんは多分ひどい男なのだけど(年齢詐称とか金たかるとかしてたし)、それでも彼の一言でヨシキが救いを得たことは間違い無くて、「加藤くんのこと好きになっちゃうよ」「いーよべつに」っていうとこめちゃくちゃ胸にきた
ヨシキが元カレからの監禁とか恐ろしい目に遭ったりするんだけど、全然暗い話になってないのがこの作家さんすげーなと思いました

2014/08/09 20:18

投稿元:ブクログ

出てくる登場人物、ある意味みんなそれぞれに「怖い」部分を持っている。日常の中、自分の傍に実はこういう「怖さ」が当たり前にあって、それに気付いてない鈍感な自分がいるんだろうな、と言う事を凄く考えた。鋭敏な人はそういう「怖さ」に気付いて、気付いたことで相手に気付かれてしまい、人間関係と言う名の呪縛に絡め取られていくんだろうな、と。自分が現実の人間関係に鈍感もしくは見ないようにしているので、巻き込まれないで(気付かない)で済んでいるのだろう。
一読後なので、まだまだ消化できてない部分があるし、考えたい部分も多いのだが、単純に言ってしまうと「痛い系」が好きな人間にはたまらない作品だ。その堪らなさはヨシキ(本名:フトシ)が自分の身に受ける傷を伴う痛みに対して無関心、と言う「怖さ」が突き抜けている。ヨシキは(表紙絵の青年)M体質なのではないだろう、むしろとても痛みに強く出来ている。彼にとっては弟に対する執拗な愛情に身もだえる自分の心以外のものに痛みを感じないのだ。
本作は、友達に恋心を抱きつつ絶対に伝えられないので行き付けの美容師の大人(これがヨシキだとのちに判明)と火遊びをしている。互いに伝えられない想いを抱いている者同士、気が合って性処理をしているような感覚なのだが、ここからどんでん返しが来る。そのどんでん具合が実に面白い。そして、どんでん返しがどう来るかなど予想しないで読む方が作品を存分に楽しめる。
確かに絵柄は趣味かどうかが分かれると思うが…どっかのレビューで、昔のJUNEでよく見かけるような絵柄、って書かれてたけど、物語が絵柄を凌駕する、ってあるよ。どっちも凄い人もいるけども、そればっかりだと誰かが考えた素晴らしい物語が世に出ないんだよな。「絵」はあくまでも「記号」って考えると絵柄云々で読まないのはある意味損する。第1話の展開でもう、俺好みな予感ぷんぷん… しくしく泣いてしまう表現とか、あほっ子じゃないな、天真爛漫ジャンルか、秀さんの『ネガポジ』のあの感じ好きな人はハマると思う。そうだ、自分の尻を試そう、って発想が斬新!!
私恐らくBLを恋愛ものとして読んでないわ、今日再確認したわ。人間関係の在り方の一つ、として読んでるんだわ、だから女子が出てくると「恋愛関係」が色濃くなるので、普通の漫画読めんのだわ。人間関係のバリエが読みたいんであって、恋愛の在り方の一つとして読みたい訳じゃないんだわ…西原とヨシキの関係を見ていると、こういう経験をしたのかもしれない友を思い出した。「痛い」のを自分には全く関わりのない世界での出来事と切り離せていた自分と今の自分は違うんだな、と。私の経験ではないが、ヨシキの絶望が胸に迫る。
西原が行う数々の非道な行為に飄々としていられたのは、ヨシキにとって一番辛いのは弟への執着が否定された事であって、それ以外ののどんな事も大した事ない、と言う捉え方だったのが、痛い目に遭っているのは紛れもなく自分なんだと悟る描写の凄さ。
それぞれの人物たちの在り方はある意味では「非現実的(フィクションなんだから当たり前だが)」で、ヨシキと加藤の出会いなどは日常に潤いのない私などには「あり得ない作り物の世界」なんだ���ど、こう言う現実が降ってくる人間のリアルにいるのだと知った今では。
「痛い系」好きと言うと誤解を招く場合もあるが、痛い描写をエロ同様に高揚して読んでいると言う部分も否めないが(ブログにも書いたが「好きな子を苛めたい幼稚さの表れ)、「これだけ痛いのに救われると言う決着を着ける作品にする作家さんの物語力が凄い」の方が勝ってるんだよね。

2014/07/03 14:44

投稿元:ブクログ

3.75ぐらい。久々にオッ…と思ったBL…
高校生二人が主人公の話でも、主人公二人は脇役感があって常にヨシキさんが主役って感じがした…
みんなちょっといっちゃってるタイプの人たちでぞくぞくする。
高校生二人の青さ、危なっかしさ、未来の不透明さと、ヨシキさんCPのすっからかん具合の対比がいい。すっからかんではないのかな。
果てしなく悲劇で暗い話にもできそうなネタばっか使ってあるのにライト。絶妙のタイミングでギャグを挟んできたりする。でも個人的にはライトすぎたかもしれない。意図的なライト。
キャラが好きなわけでも、CPが好きなわけでもなかったけど、退屈はしないし買ってよかったかなと思える。

2014/05/17 17:23

投稿元:ブクログ

木村ヒデサトさん二冊目のコミックス。アンソロで気になっていた作家さんで、一冊まるまる表題作(と関連作)というこちらを読んでみた。

最近こういう痛々しい作品(DVとかボコリ愛とか)多いなぁ。でも読後感は悪くない。迷走していた主人公もちゃんと幸せを見つけたし(*´ノ∀`*) デレたヨシキ可愛い!温かい手作りのごはん食べながら泣いてしまうシーンは反則ですよ…(泣)
でも加藤のキャラが掴めなくて、一抹の不安が残る。嘘つきだしイマイチ信用できない★ ヨシキに対する気持ちもハッキリ言葉にしてない気がするし、日によってテンションが違う気がして落ち着かない。
一応描きおろしでは仲良くイチャイチャしてたけど、弟カップルの方が抜群に安定感があるわ(笑)

その弟カップルの話も収録。妄想の逞しさも高校生同士らしい、可愛い二人(〃´ω`〃) 実はヨシキがいらん首突っ込んでたけど、こっちはなおとがシッカリしてるから大丈夫だな(笑)←実は一番大人だった

絵は独特だし話もテンションも独特だけど、エロが雰囲気あって良いね。ラブいイチャイチャした話もっと読みたいです♪

2014/05/18 01:23

投稿元:ブクログ

ヒデサトさん2冊目のコミックス。
もともと好きなので、Figも全部買っていましたが、まとめて読むとやっぱりいいなぁ、、、という。

ヒデサトさんの独特の間とテンポが本当に面白いし、
『好きだよ、秘密だよ』の第一話の最後のオチは本当に素晴らしいと思い何度も読み返してしまいます。

わーお


わーおじゃねーよ!っていう、、、、
なんかもー最高に尽きます。


描き下ろしも、大変美味しかったので、もともと読んでたって人にも優しいコミックス。


そして何より、カバー裏がすごいので、是非読んで頂きたい。

2014/05/20 19:46

投稿元:ブクログ

表紙の男性を軸にした2組の話が入っているのですが最後までブレずに面白くて一気に読み終わってしまいました。
BLとしてくくるには勿体無いくらいすごい作品だと思います。
表紙も中の絵も好みですしヘビーな内容に無駄が無い絵柄とテンションの高いギャグが作品を暗くしすぎないバランスで絶妙です。

読み始めは可愛らしい話なのかな~と思いましたが一転、仄暗い内容になりますが一人ひとりの想いが交錯していき、最後に繋がって行きます。

あと食事を食べるシーンがすごく好き。毎回違ったシチュエーションで、必ず話の展開のきっかけになる。
ぐっときます。
カバー裏までサービス精神を感じるし大満足です。
すぐに既刊も購入してしましました。
次回作も絶対に買いたい作家さんです。
多分今年一番面白かった漫画になりそう。

2014/05/25 17:43

投稿元:ブクログ

表紙買いしたのですが、なんというか描いてる漫画家さんが面白いなぁと感じました。
カバー裏やいたるところでなんだかいいなぁって思う節々が。。。(曖昧)

ヨシキさんが愛に飢えて、愛に満たされたところがすごくすごく愛おしかった!
ぎゅってして!ってところ、かわいかった。

2014/05/21 10:01

投稿元:ブクログ

誰ともまっすぐに愛し合えないヨシキと、その弟なおとと、その弟の彼氏しゅうの話。

ちょっと痛々しいシーンもあるけど怖いほどではないかな?(人によりますが)
本編読後にカバー下読むと怖くなります。笑

ヨシキが幸せになって良かった〜!!
終盤の「うわっ ちんこ飛んできた!」には死ぬほど笑いました。ギャグです。

2014/07/20 20:38

投稿元:ブクログ

最初の高校生同士のピュアな恋愛がメインに見えて実は主役は表紙の彼ヨシキ。カバー下の彼の独白を読んでから本編を読むと全ての話が彼中心に回っているのが分かる。DVとか兄弟愛とか割とシリアスで痛い内容なのにいい意味でギャグ多めでサラッとした味わいになっている。マリアボーイというタイトルが秀逸。これからヨシキにはうんと甘やかされる幸せを味わってほしい。

2014/06/02 11:48

投稿元:ブクログ

タイトルと表紙とあらすじでもっと暗重いストーリーを想像してたんだけど意外に笑いも多く…重いけどじめじめしてないんです。最終的には救われて。こんなあっけらかんとしたお話を描けるってすごいなと尊敬の念を抱きました。お兄ちゃんの話、弟の話、どちらも好きです。

24 件中 1 件~ 15 件を表示