サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/08/22 20:41

投稿元:ブクログ

話の展開が早いのは良いけど、用語がどうにも理解し難くてついて行くのが大変だな。
過剰なルビ振りは原作からしてこうなのか?意味理解するのにルビは邪魔にしかならないから、ルビ無し版が欲しいところ

2014/09/17 21:29

投稿元:ブクログ

惨劇のゴースロスから、脱出したラフィール&ジンが避難地として飛び出た先は、フェブダーシュ男爵の領地でした。
貴族・アーブという選民意識を、仰々しくどぎつく下品なまでに煌びやかにしたら、あの男爵になるんでしょうかね。
「タイタニア」と展開が似てますか。
体制が巨大になるにつれて、血流というものは滞っていく部分があるもの。その淀んだ一面を描くというわけですね。
「タイタニア」と違うのは、体制を構成する一であるラフィーナが、男爵への対抗馬であること。淀みとは違った意味での、異分子になるわけですね。
ジントとの出会い。男爵領での出来事。そして、これからの経験が、王女ラフィーナの人生に影響を与えていくわけです。

ん?可愛い子に旅をさせているのかな。

2 件中 1 件~ 2 件を表示