サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/02/28 21:10

投稿元:ブクログ

読むしかないね、、、

小学館のPR
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094060379

2014/11/07 22:45

投稿元:ブクログ

【Entertainment】過去のある女/レイモンド チャンドラー(小鷹信光(訳))/20141106(81/255)
◆きっかけ
・「タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない」原文は「If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.」作中のヒロインから、「あなたの様に強い(hard)人が、どうしてそんなに優しく(gentle)なれるの?」と問われて。

上記はあまりに有名なフレーズ。しかし、実際どのようなシーンでこのフレーズが登場するのか知りたくて。

・以前読んだ、「甘い生活」(島地勝彦著/ 2010.5.14)では、上記フレーズをモジって、「人生は明るくないと生きていけない。でも面白くなければ生きる意味がない。」としている。これにも共感。

◆感想
・過去に謎のある女がアメリカからカナダのバンクバーにわたるところから始まる。彼女についまとうジゴロが殺され、ホテルに住む老紳士、殺人課警視等が彼女の謎の部分に惹かれていく。最後の終わり方は良く分からないが、女は怖い、ということか。
・シナリオ風に書かれているのがとっつきにくかったが、なれると情景をイメージしやすかった。

◆引用
なし

2 件中 1 件~ 2 件を表示