サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

昭和天皇「よもの海」の謎(新潮選書)

昭和天皇「よもの海」の謎 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/23 11:26

投稿元:ブクログ

昭和天皇が太平洋戦争開戦を巡る御前会議において、慣例を破って発言された。それが明治天皇の作った歌「四方の海…」であり、戦争回避の願いを込めた行為であった。本書は、その発言をされた昭和天皇、発言を受けた陸軍の杉山参謀長、永野軍令部長、同席した関係者、さらには発言があったことを伝え聞いた近衛文麿、山本五十六という人たちの歌の受け止め方とその後を丁寧に追跡している。さらには、当時この歌が軍人や知識人にどのような形で知れ渡っていたのかにも目を向けている。掘り下げ方に浅さや偏り、過度の推測がなきにしもあらずだが、この件で一冊の本が書き上げられたことは特筆に値するだろう。
それにしても、これを読むと当時の軍人たちの身勝手さと、昭和天皇の気持ちとは裏腹の消極的な行動というのが浮かび上がってくるのには、「やはりな」という感を強く抱かせられた。
ちなみに、個人的に御前会議でこのうたを天皇が詠んだという事を知ったのは、日米合作映画『トラ・トラ・トラ』であった。

2014/07/16 14:17

投稿元:ブクログ

昭和天皇の和歌を縦糸に、天皇に関わりのあった要人たちの言動が検証されます。和歌から天皇のお気持ちを忖度するのは、解釈側の主観でしかないでしょう。それよりは、数多くの日記をすり合わせる努力から、事実が見えています。まだ、あの戦争は正しく総括されていません。未公開資料は、経験を無駄にしないために全て公開してもらいたいですね。

2 件中 1 件~ 2 件を表示