サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

折れない自信をつくるシンプルな習慣(朝日新書)

折れない自信をつくるシンプルな習慣 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

自分自身を信じるとは

2016/01/19 13:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bluemonkey - この投稿者のレビュー一覧を見る

ありのままの自分を信頼する、自分自身の言動に自分でOKを出すことが私の課題だと思っていました。
その方法を示してくれるとても心強い本だと思います。
「「ありのままの自分を愛する」チャンス、ベストタイミングは、実は、「うまくいかなかったとき」です。」
またやってしまった、と落ち込んだ時に、この言葉を思い出し、考え方を修正しつつ、自分にOKを出す毎日です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生が変わった

2015/11/03 20:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三日月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の生き方が変わった。それ位心の持ち様を変えてくれた本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/24 10:19

投稿元:ブクログ

「理由つき」「条件つき」の自信は、理由がなくなったら、条件がなくなったら、自信もなくなってしまいます。
自信がないから、足そうとする。
悪口や批判は、自分の心の奥深くにある考えや本音を教えてくれている
うまくいかない出来事やアクシデントは、「考え方や価値観のクセを直すチャンスだよ」と教えてくれている。
劣等感は「ある」と認めながらも、「他人とはこれだけの違いがあるんだ」と、自分を知るためのモノサシとして、付き合っていけばいいんじゃないかな
自分だけの「ありえないこと」をやってみる。誰かが言ったことではなく、誰かが決めたことではなく、自分で「ありえない」と感じたことをやってみる。

2014/06/08 00:08

投稿元:ブクログ

この人の「自信」に対する考え方が割と好き。
努力否定論である、というような書評も見るけど、まあ確かに努力するべきだとかそういう話ではないが、私は嫌いじゃない。


「あなたが目標とする状態や、理想とする人に話を聞いてみること。そして、その人たちの「当たり前」を取り入れてみること」

「自分が魅力や売りだと思っていることは、他人から見れば意外とどうでもいい。あなたの本当の魅力、売り、長所は誰かが教えてくれること。自分では、当たり前すぎて気付いていないこと」

「世の人は 我をなんとも  言わば言え  我がなすことは  我のみぞ知る」ーー坂本龍馬

「…一方で、自分を信じて、自分の道を進むということは、他人を信じて、他人の用意した道を進むより、大叩きを受けたり、大恥をかいたりすることも多くなるということです。

だから、それらを引き受ける「覚悟」をすることでもあるんです。

失敗して、恥をかく覚悟。
他人から批判されたり、非難されたりする覚悟。
嫌われたり、否定されたりする覚悟。
そういう「覚悟」があって、「それでも自分は素晴らしい」と信じるのです。

それができない人、自信がない人は、恥をかくことや批判・非難を受けることが怖いから、実力の範囲の中の舞台で失敗しないようにしている。
失敗すると、自分の価値がなくなってしまうから、どや顔していられるように、まわりから叩かれないように、小さく収まって、嫉妬したり、陰で批判したりする。」

「折れない自信を作るために、一番大切なことがあります。それは、「今までは”ありえない”と思って避けて、やらなかったことをやってみる」ということです。「ありえないことをやる」から、「ありえない結果が生まれる」のです。」

2015/11/11 08:57

投稿元:ブクログ

心屋さんの本を2冊持っていて、
こちらはAmazonで立ち読みし、気になって購入。

youtubeでもこの本を基にした映像が見れて、
それも大変参考になりました。

まさに私は、自分の外側のものを自分に集めることが大事、自信につながると思ってた人でした。
そうじゃなく、捨てる勇気を持つことが自信につながる、というのは本当その通りだなぁ~~と実感。

捨てるのは人の信頼関係だったり、よい印象の自分だったり、色々。断ることが勇気。断ることが自分を大事にすることに繋がる。

自然体で生きられるし、楽だし、だからこそ自分本来の力が発揮できる。
実践していきたいです。

2016/03/14 19:33

投稿元:ブクログ

人は自分に自信をつけるために、他人から認めてもらおうと努力する。結果を出す。資格を取る。できる人になろうと努力する。でも、これらの自信は、他人からもらったものであり、更には「理由付き」「条件付き」の自信なので、それが無くなった時、簡単にポキッと折れやすい。

一方、折れない自信というのは、外側の後付でなく、内側の、理由もない、条件もない、ありのままの「自」分を、ただ「信」じてあげること。

理由や条件がなくなっても折れない自信、これこそが本当の自信。自分の価値を決めるのは、他人ではなく、まず自分。

他人評価の、他人軸で生きてしまうと「自身」がなくなってしまう。だから「自信」も生まれない。

自分自身を「否定の前提」ではなく「肯定の前提」で生きる。ダメでも、出来なくても、「自分は素晴らしい」「自分には価値がある」と、まず自分を肯定して信じてあげる。

問題が起きた時、自分を「責める」材料にするのではなく、ただ、「省みる」だけでいい。

そして「好きなことをやる勇気」「迷惑をかける勇気」「怒られる勇気」「嫌われる勇気」を持って行動に移す。
「自身」を取り戻せば、「自信」が育っていく。

2015/10/23 18:03

投稿元:ブクログ

自信をつくる 心屋真之介


条件付きの自信は、すぐダメになる。


①自分を責めない
②自分のことを笑う

17 自分の好きなことをする
16 自信があることにする
15 自分はすばらしいことにする

2014/05/06 21:49

投稿元:ブクログ

「ありのままの自分でいい」という努力否定論的な本。やりたくないことはやらない等、自然体でかつ本能のままにを推奨している。
僕自身努力するから成長があり、つらい経験をするから強くなるのだと考えているので、本書に共感を得ることはできませんでした。
これも一つの考え方として、参考にさせて頂きます。

2014/06/24 22:30

投稿元:ブクログ

2014.6月 市立図書館

・「素の自分」「ありのままの自分」を信じるのが「自信」。「何もない自分」にOKを出せるかどうか。

・自分を「責める」より「省みる」
(出来事をただ見る。悪いとかダメとか否定の価値観をつけない。)
・「でも」の前の本音を大事にする。
・自分が「ありえない」と避けて、やらなかったことをする。

2014/08/03 17:08

投稿元:ブクログ

最近売れている心理カウンセラーである心屋仁之助さんの本。最近の心屋さんは、何か出版すれば数十万部は確実に売れるという超人気ぶり。「サラリーマン時代は恐怖心と劣等感から人並み以上に働いて、人並み以上の評価と報酬を得ていたが、あるとき心がプッツリ切れて会社をやめて、ありのままの自分で生きることを始めてから幸福な人生が始まった」という嘘のような逆転の人生ストーリーが多くの読者を魅了しているのだと思われる。著者自身の劇的な経験に基づいているためか、本の全体を通じて自信たっぷりの断定調で記述されていることも、「スッキリしていて気持ちいい」という人気に繋がっているのかな、とも思う。1冊読めば、何箇所かはそれぞれの人に向いた記述があるハズであり、役立て方も人それぞれ。この手の本は、間違っても100%鵜呑みにしてはいけない。

2014/11/23 19:48

投稿元:ブクログ

始めの方は、今まで読んだこの手の本と同じようなこと書いてあるなぁ(自分を信じるとか自分って素晴らしいと言い聞かせるみたいな)と思っていましたが、あの手この手でありのままの自分で大丈夫だよって書いてあり、なんか心が軽くなりました。

そうか、今まで自分で自分を追い込んだり、ひねくれたりして、わざわざ人生を楽しくない方向へ持っていっていたなぁと思いました。
今までいろんな本を読んでも、なかなかありのままの自分でいいんだって思えませんでしたが、この本を読んだ後は、すごく気楽に考えられるようになりました。

2016/09/11 14:39

投稿元:ブクログ

ありのままの自分を信じるためには、失敗してもいい、嫌われてもいいという勇気や覚悟
出来事と自分の価値は関係がない
素のままの自分に価値があることに気づくには、一度なくす、引くなどを通して素のままの自分になる必要がある
今までの考え方を捨てる勇気、自分が変わるという決断、リスクを取る覚悟、ダメな自分を信じるというチャレンジがなければ何も変わらない
ありえない、それだけはやりたくないと今まで避けてきたことをやってみる
自信とはうまくいくと信じることではなく、うまくいかなくたも自分の価値は変わらない、なんとかなると信じること
うまくいかない出来事やアクシデントは考え方や価値観のクセを直すチャンスだと教えてくれている
自分を磨くには、古い意識や価値観を削ぎ落とす

2014/10/26 10:36

投稿元:ブクログ

仕事が上手くいかず、上司に怒られる毎日。
図書館で、ふと手にした本書に少しずつ勇気をもらった。

悪口や批判は、「自分がやりたいのにできないことや、怖くて、はずかしくてできないこと(タブー)を、堂々とやっているあなたはずるい。うらやましい」と言っているに等しいのです。

何もない木から仏像を彫り出すかのように、「自分」という、今まで生きてきた世界の中から「本当の自分」を彫りだす。

怖くても「資格」とか「がんばる」とか「安定」とかを手放して、流れに身をまかせながら、自分の力で生きていく覚悟を持ちたい

2015/12/22 19:37

投稿元:ブクログ

なんて言葉にしたらいあんだろう。ありえないことをしてありえない奇跡に出会おう!嫌な出来事はわたしが羨ましいと思っていることか!

2016/10/03 19:32

投稿元:ブクログ

折れない自信という言葉に借りて読みました。できない自分を信じる。できなくてもダメじゃない。手抜きで行こう。失敗に感情は要らない。場合によってはやめる、断る、捨てる、手放す、などの引きことが大事。ありのままの自分に価値がある。自分は最高!と自分で言ってみる。どうせなんとかなる。失敗しても、他人がどう言おうとも自分は大丈夫と信じる。劣等感と上手く付き合う。劣等感、悪く無い。好きなことをやる勇気、迷惑をかける勇気、怒られる勇気、流れに任せる。

17 件中 1 件~ 15 件を表示