サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

星よりひそかに

星よりひそかに みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.5

評価内訳

30 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/07/30 22:11

投稿元:ブクログ

短編集だが、登場人物に繋がりがある。最初の話で酒を飲むとスイーツが食べたくなる部分は激しく同意(笑)
書き下ろしの作品はホラーになるのだろうか、実際のところが全く書かれていないのが気になる。

2014/05/24 07:27

投稿元:ブクログ

+++
彼の部屋でラブレターを見つけた女、好きな人だけに振り向いてもらえないOL、まだ恋を知らない女子高生、数カ月で離婚したバーテンダー、恋人に会えない人気モデル、元彼の妻のブログを見るのが止められない二児の母……。みんな"恋"に戸惑っている。
『きょうのできごと』から14年。恋とか愛とかよくわからなくなった"私たち"に、柴崎友香が贈る、等身大の恋の物語。
+++
「五月の夜」 「さっきまで、そこに」 「ほんの、ちいさな場所で」 「この夏も終わる」 「雨が止むまで」 Too Late,Baby」 「九月の近況をお知らせします」
+++

ゆるく繋がった連作集である。並んだタイトルだけ見ても著者らしく、何気ない日常を切り取っているのだろうな、という印象を持つ。自分の想いに戸惑い、もてあましながらも、日々の暮らしは、自分や自分を取り巻く人たちを漏れなくあしたへと運んでいく。流れには逆らわないが、たまにはどこかに引っかかったりしながら、少しずつ前に進んでいる。相変わらず、ちょっとした会話や反応が生きている。なんてことないのに惹きこまれる一冊である。

2016/02/22 12:22

投稿元:ブクログ

とっても読みやすかった。しかし、1週間もしたら内容忘れた。。でもわたしの、サクサク読みたい欲を満たしてくれた。内容が残るばかりがいいとも限らない。また柴崎さんの本読みたい。

2014/04/22 01:24

投稿元:ブクログ

初めの短編の「五月の夜」のラストがすごくかっこよくて、鳥肌がたって、それだけで5つ星。

高校生の話とか20代のアイドルの話とかもあるけど、やっぱり同年代くらいの話が一番気になる。
みんなこういうひそかな思いって抱えてるもんなのかな。
みんながそうなら安心するけど。
でも、自分の求めている相手にもこういう思いがあるのかと思うとちょっと嫉妬しちゃうかな。

なんか柴崎さんの感覚的な作品って久しぶりな感じがした。
感性が似ているからなのか、安心して読める。

恋愛に対する不器用な感じで、それに対して、引け目を感じていないところがいい。

2014/05/16 19:17

投稿元:ブクログ

『駅前の唯一のビジネスホテルのシングルルームで、とりあえずテレビをつけて(どんなにさびしい場所も、テレビをつけると間抜けになるからいい)』ー『Too, Late Baby』

勝手な思いではあるけれども、解りにくい柴崎友香の小説が好きな自分としては、表紙にくらもちふさこが描かれてしまうような本を手にすることに、少なからず抵抗感を覚えるのである。そして、いつもに比べて頁を繰る速度が早くなってしまっていることが、心穏やかならざる状況を反映しているということに気付いて、さらに違和感のようなものを抱く。

少しだけ弁解するならば、自分は中学生から高校生にかけての時期に少女漫画の月刊誌を購入していたので、くらもちふさこに対する抵抗感はほとんどない(筈)。だから、この抵抗感はその絵柄から来ている訳ではない(思う)。

違和感の元を辿りつつ思うのは、柴崎友香が重ねてきた年月が、作家が持っていた小さな言葉の棘を鞣しつつあるのかな、ということ。四十代であるからこそ描けるものは勿論あると思うし、作家の並べる言葉の連なりにも年齢による深みのようなものは反映されているとも感じるけれど。決定的に異なるのは、ここから何処に行くのかがオープンクエスチョンで済まされる年齢を越えつつある作家自身、問題を先送り出来ないことに一番に気付いていて、反って解りやすい答えを求めてしまっているようにも感じられてしまうこと。そんな風に読み解いてしまおうとする自分自身の脳の働きは厄介だなとも思うのだけれど。

例えばここで長嶋茂雄を例に取ることは可笑しなことだろうか。天才と呼ばれたプレーヤが、実は努力の人であったこともまた知られた事実ではあると思うが、その努力とは詰まるところ、自分の感覚と現実との解離を埋めようとする行いではなかったのかと想像する。高い身体能力は、脳の感度の高さと身体の反応の素早さの組み合わせが上手く働いて初めて成り立つもの。しかし、身体の反応は歳と共に急速に衰える。実は柴崎友香の文章に起きている変化はそれに似ているのではないかと思ってみたりする。しかしそんな筈がない、と急いで思い返すのだ。

柴崎友香の身体能力、特に動体視力は高いと、これまで何度も感じてきたけれど、この連作短篇ではそれが少し弱く感じられる。描く視線の高さは普通に立った人の目の高さであるにもかかわらず、俯瞰したような瞬間の切り取り方、そしてそれを言葉に変換する様が秀逸で、それが柴崎友香の特徴だと思うのだが、この本の中の視線は周囲を一瞬で捉えようとするというよりも、むしろ一点に集中する。それが重ねた年齢によるものなのか。

それでも、所々で読み返したくなる言葉の連なりに、出会うのだ。その時に思うのは、やはり、この作家の身体からのフィードバック信号に対する感度の高さ、というようなこと。頭と身体のバランスの良さ、なのだ。

ひょっとしたら、この連作短篇に描かれている主人公が、作家の年齢と一致しないことが一つの要因なのか。これまで柴崎友香が描いてきた主人公たちと余り変わったところもないようだけれど、それれ反って災いしているのか。小説の中の主人公の身体に、作家の身体能力が入り切��ていないような気がする。これまで等身大の主人公を描くことで発揮されていた作家の身体能力が、ここでは上手く発揮されていないようにも思う。

この連作短篇に登場する主人公たちでは、きっと作家の思いを受け止め切れないのだ。そうだとしたら、次の小説では四十代の主人公が描かれるのを、是非読んでみたいと思ったりする。その時、感じるであろう初めての柴崎友香に期待したい。

2015/01/15 17:28

投稿元:ブクログ

少しずつどこかで繋がっているというか本当に袖降り合う程度なんだけど、そういう感じで繋がっていく短編集。柴崎さんの短編は初めて読んだ。長編だと出ないえぐみが出てくるのが面白い。逆に短編だとあまりえぐみが出ない人もいるけど、日常を淡々と描く柴崎さんが出すえぐみは一瞬本を閉じてしまうほどだった。「雨が止むまで」と「Too Late,Baby」が印象的。
モデルという職業は小説内で不幸にばかり描かれている気がする。

2014/09/30 17:25

投稿元:ブクログ

登場人物に繋がりのある短編集。
どこにでもあるような日常の中で
それぞれの思いに「あるなぁ」と頷ける場面が多数。

2014/07/25 03:43

投稿元:ブクログ

短編集。結末が描かれていないから、ちょっともやもやが残る
その後二人はちゃんと幸せになれたの?って。

2015/12/27 21:24

投稿元:ブクログ

恋愛小説を読みたい衝動に駆られることが、年に二、三回あります。多分、一辺倒な自分の読書傾向(推理小説)に対する一種の防衛反応かなあ、と…いえ、そんなに深く考えたことはないですごめんなさい←

この本を読んだのは秋口だったと思うのですが、秋に恋愛小説を読んでる自分を自覚すると、毎回何故か失笑してしまうんですよねー(謎)。でも、今作に関しては特にそれがなかったな。恋してたからかな←

恋人の部屋でラブレターを見つけてしまった女、
好きな人にだけ好きになってもらえないOL、
恋?めんどくさ…なJK、
たった数ヶ月で離婚したけど原因がよく分かってないバーテンダー、
恋人に会えず終始モヤモヤしてるモデル、
元彼の奥さんのブログチェックを欠かさない母親。

Happily ever afterで少女たちを魅了するのがおとぎ話なら、After thatを共感と反発を覚えながら楽しめるのが恋愛小説。

ウンウンそうよね分かる分かる、が大好きな女性の為のフェアリーテイルです。もっと絞ると、20オーバー、アラウンド30かなぁ。

2014/04/20 20:45

投稿元:ブクログ

恋愛になると異常行動をとってしまう。年に一回電話するとか、なんでもいいから会いたいとか。やめた方がいいって知ってるのに。思い通りになんてならないのに

2014/07/23 23:38

投稿元:ブクログ

連作短編集。彼氏が隠していたラブレターを見つけてしまった彼女だったり、ラブレターを渡した人だったり、クラスのノリに反感を持つ女子高生だったり...何気ない日常が、とりとめもない形で進んでいて、読んでいて心地よかった。
柴崎さんというと、関西の作品というイメージがあるけれど、今回は違っていて、余計に、さらさらと流れていく印象があったのかも。

2014/05/27 05:57

投稿元:ブクログ

全部で7編からなる短編集。
献本でいただいた一冊となります。

主人公は、10代、20代、そして30代と、様々な年代の女性たち。

それぞれの心のひだを浮びあがらせているような、
そんな印象を受ける物語が綴られていきます。

一見するとバラバラに独立しているかのような感じですが、
所々でちょっとづつつながっているのが、個人的には好みです。

作者の方はちょうど同世代のかた、それもあるのでしょうか、
初めての方でしたが、なんとなく世界観などがスルッと入ってきました。

恋をしていた人、恋をしている人、
そしてこれから、恋をする人、、

人はいくつまで“恋”にときめくことができるのかな、なんて。
今クールのドラマ「続・最後から二番目の恋」を思い出しながらつれづれに。

個人的には、“かなえ”ちゃんたちのその後と、
万里子ちゃんたちの“家族”のその後が、気になりました。。

どことなく古びたフランス映画のような香りも感じました、
単館系のオムニバス形式でかかってそうな、そんな一冊です。

2014/09/30 13:02

投稿元:ブクログ

連作短編集。
最後の話、仕事に子育てに忙しい主人公がかつての恋人の奥さんのブログから目が離せない、というのが印象に残った。
元恋人の奥さんは絵に描いたような穏やかな暮らしをしていて、自分はというと自分の時間もないくらい日々あっという間にすぎていく。
だけど、予想もしなかった日々だけど悪くないな、と朝、家を出て行く旦那と子どもたちの後ろ姿を眺めてるシーンで終わる。

生活ってこういうことだよな、と思った。

2014/04/19 12:28

投稿元:ブクログ

あぁ、すき。
と読み終わって、いや一編目を読みながら思った。
柴崎さんの書くお話、合うときと合わないときと個人的にはあるんだけど、今回はかちりとはまったなぁと思う。
関西弁以外のお話の方が多いっていうのも珍しかったな。どちらかといえば苦手なのでそれは良かったかも。
なんとなく雰囲気が良いよね、と思ったし、日常感がリアルなのも決して退屈でなく面白かった。

2014/11/22 15:00

投稿元:ブクログ

微妙に登場人物がかぶってて面白かったが、内容自体はそれぞれの登場人物の微妙な心の動きをメインとしていたので、今特に読みたいというかんじではなかった。

30 件中 1 件~ 15 件を表示