サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/02/02 02:33

投稿元:ブクログ

クールジャパンの是非が云々よりも、海外に日本のコンテンツをいかに発信していくべきかというのが面白いです。日本のように全国民が同じテレビ番組を見て近所のアニメイトに行って…みたいな環境が諸外国にはないこと、そういう状況下で 拡散した点と点をいかに繋ぐかということ、などなど。

2014/05/18 23:36

投稿元:ブクログ

主に、クールジャパンの中でもアニメがメインに書かれた印象の本だった。とにかくこの本書で最もいいたかったことは、クールジャパンは官主導ではなく、民主導なのだということだと思う。だから、民間会社は、国の仕事を請けるとかんがえるのではなく、国のリソースを借りて自分たちのやりたいことを実現すると考える必要があるとのことだ。なるほど。
ただ、国はとりあえず秋元康を議員から外したほうがいいのではないのだろうか。
ところで、クールジャパンを自分で自分のことをクールというのはクールじゃないという論点のところに、札幌市の地域振興がどうのこうのという話がでてきたのだけれども、それは札幌市民にしかあてはまらない解説な気がする。あくまで自分の所属する『ジャパン』が自分でクールといってるのをクールじゃないと思ってるだけであって、自分とは関係ないところがクールだと言ってもそりゃなんとも思わないんじゃないだろうか。例えば、隣の国の韓国が『クール・コリア』なんて政策をやったとしても日本人は別になんとも思わないだろうし。
浮世絵の話は面白かった。自分も日本人は浮世絵の価値を分からずに包み紙に使っていたら、それをみた欧米でヒットしたと聞いたことがあったけど、実は万博で日本政府が営業したこともブームの要因だったということだ。そんな時期に日本が万博に出展していたことも驚いた。
そういえばこの本を読んで、ポケモンはアメリカ進出する前はアメリカではヒットしないと言われていたという話を思い出した。ヒットさせたいならアメリカの嗜好にあわせるべきと言われたものの、そのままだしたら大ヒットしたとか。この本によると、逆にそれがよかったとのことだ(まあ、後付けだけど)。

2016/05/22 21:07

投稿元:ブクログ

経産省の担当者として政策に携わり、自身としてもアニメオタク、海外でも研究を重ねてきた三原さん。
この本は三原さんにしか書けなかったと思う。
私の周りでクールジャパンの話をすると「クールジャパンね。あんまり上手くいってないよね。微妙だよね」というざっくりとした意見しか返ってこず分かったような分かっていないような受け答えをされるのでもやもやとしていて、この本を手に取った。そういう読者にとっては、クール・ジャパンの政策の経緯やこれまでの「冷笑」の主な例、それに対する反論がまとめられていてとてもすっきりとした。
悪い点としては三原さんの関心がアニメ等という事で、クール・ジャパンの一部分のみが論点の例示として提示されていなかった事、文化政策については概略的にしか書かれていなかった(ソフト・パワーやフランスとの比較について)ので誤解が生まれそうだと感じた事。

2015/03/15 18:41

投稿元:ブクログ

書名に惹かれて図書館で借りて読んだ。

「官」=「権力」というイメージのある日本。
だから、「官」につくことは、権力におもねったという構図になりやすい。

政府がすすめる「クール・ジャパン計画」。

賛成・批判の意見がある。

本書は、「反発」「批判」「歴史・前史」「海外における実態」「政策」といった論で進む。

項目だけ見るとよさそうだが、筆者がアニメの専門家だからか、そちらのことばかりで、アニメ文化に疎い自分には「?」だらけだった。

筆者の言わんとしていることはわかるが、上記のことを差し引いても、本の内容としては冗長、散漫すぎると感じた。

自国文化を推し進めている国の事例と比較して論じていれば、おもしろかった思う。

4 件中 1 件~ 4 件を表示