サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍

攻略本として優秀

2015/12/27 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うめまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本のおかげでクリスティの比較的有名でない本に出会えて、今楽しく攻略中です。既に読んだことがある本も、もう1回読みたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/26 12:38

投稿元:ブクログ

クリスティ大好きな私ですが、その良さを語るのはなかなか難しいんだよなーと思っていたところへ、思わぬ良書が!著者はむしろハードボイルド好きな方らしいですが、だからこそのその再評価がかなり腑に落ちてくる感。
書いてくれてありがとう!と言いたい一冊。
そう、ミス・マープルは正義と復讐の女神なのですよ皆さま!

2015/05/18 22:50

投稿元:ブクログ

装丁が凝っていて、好きです。
完読、というわけではないんだけど、読んだ事ないのは斜め読みで。これはある程度目録的な扱いで見てもいいかなと思って、いままで読んだ感想。
面白かった。
自分と違うなぁと思ったり、同じだなぁと思ったり。
私、意外にクリスティー読んでた。

以下、それぞれ。

ポアロものは、五匹の子豚読んで以降、あまりピンと来なくなってあまり読まなくなってしまった経験があったのだけど、そうか、傑作に含まれるから、それ以降が色あせてしまってのかもしれない、また読んでみようかなと思った。
一作目から。

トミー&タペンスのシリーズ好きだから、概ね好意的で嬉しい。
タペンスのキャラいいですよね、キャラ。
短編には辛口だけど、このごっこ遊び感と他の探偵真似てるのに結局できてないとこと、同じ感じが繰り返される、というのもわりと私には楽しかったんだけどなー
あ、そういうの、コージーミステリっぽいのかもしれない。
著者の趣味ではなさそう。

そして、ミス・マープル好きになってくれてありがとう!みたいな。そう、カッコいいんだよー
けっこうピリッとしたおばあちゃんなんだよね。
わたしは"無駄な会話"(ブルシット)が上手な作家が好きなんだよな、だからクリスティー好きなんだなと、改めて思った。

ノンシリーズや戯曲、ミステリ以外などは、なかなか読んでないなぁ。

あと、演劇であるっていうのも、そうか、だから好きなのかも。みたいな。
トリックそのものがすごいわけではなくて、そこに至るまでの物語がすごい的なクリスティー像は、私にもあったなぁ。うん。

2014/12/29 01:28

投稿元:ブクログ

誰もが知っているミステリーの女王アガサ・クリスティー。
文庫で読める全作品を著者が読破して批評し・★を付けて行ったものです。

私も子供のころからミステリが好きだったので読んでました。
でも、ちょっと成長して本格ミステリにハマり始め、その中で”そして誰も居なくなった”を読んだあたりで
「あぁ、私もクリスティーは卒業だなー」と思ったものです。
そこから、ほとんどクリスティーは読まずに来たのですが、
この本で改めて全作品の解説を読むに、
「まだまだ、読むべき作品がたくさんあるなぁ」という思いが湧いてきました。
謎解きのトリックの素晴らしさではなく、【物事は見た目通りではない】というための
仕掛けの素晴らしさが随所に書かれてあって、オトナの今読み返したら、また違った感想を持ちそうな気がしました。
とりあえず、★の多いものからいくつか、読んでみようかと。

2015/06/15 18:53

投稿元:ブクログ

参考にさせていただきます。
クリスティは結構読んだのだけど、子供の頃だったから、どれが未読か既読か覚えておらず、未読の案内とともに振り分けをしたくて読みました。

正直、既読のものもあらすじと感想みただけで内容が思い出せるものは多くなかったかな。もう何十年前だもんね。。。有名どころくらいしか思い出せなかった(^^;;

2014/03/27 14:59

投稿元:ブクログ

実は、、、そんなに読んでません。。。

講談社のPR
「読もう読もうとずっと思っていたのである。アガサ・クリスティーのことだ。
 ミステリ評論家を名乗り、ミステリについて語ることでお金まで頂戴し、数千冊のミステリを読んできたというのに、クリスティーの作品をわずか七作品しか読んだことがなかったのである。ーー「はじめに」より抜粋」

【読書日記】アガサ・クリスティー攻略作戦
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/searchdiary?word=%2A%5B%A1%DA%C6%C9%BD%F1%C6%FC%B5%AD%A1%DB%A5%A2%A5%AC%A5%B5%A1%A6%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A1%BC%B9%B6%CE%AC%BA%EE%C0%EF%A1%DA%B3%D6%BD%B5%B9%B9%BF%B7%A1%DB%5D

2015/06/26 13:32

投稿元:ブクログ

日本語で翻訳刊行されたアガサ・クリスティ作品99作の書評を収録。一つ一つの解説が丁寧ですし、スミ塗りや巻末ノートなど、ネタバレをしないための措置もしっかりされています。作品の美点だけではなく、霜月氏ならではの視点でばっさりと切り捨てているところも清々しくて好感が持てます。
また、シリーズごとの総括やマイベスト10が紹介されているので、評論として大変面白い一冊です。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞のW受賞も頷ける内容だと思います。

2015/06/26 21:07

投稿元:ブクログ

クリスティーを全て読んでまとめられた努力には敬意を表するし、とてもまねできない芸当だが、これは評論本であり、私がほしいと思うガイド本ではなかった。このクリスティーの小説はどうしても読んでみたいと思わせる文章ではないと思うから。

2016/02/16 00:41

投稿元:ブクログ

数年前に「翻訳ミステリー大賞シンジケート」にて著者のクリスティ読破&レビューの連載を毎回楽しみに読んでおりました。それが一冊にまとまってからは、クリスティの指南書として常に手元に置いてます。とはいえ、紹介された99作品中、まだ7作品しか読めてない。。。ライフワークとして少しずつ読んで行きたいと思います。

9 件中 1 件~ 9 件を表示