サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

「NO.6」セット 11巻セット

「NO.6」セット 11巻セット みんなのレビュー

  • あさの あつこ (著)
  • 税込価格:11,340105pt
  • 出版社:講談社
  • 発行年月:2003年1月~2012年11月
  • 発送可能日:購入できません
  • 商品タイプ:セット商品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

洋画みたい

2016/04/21 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

紫苑とネズミの信頼しあった友情以上の関係が良かったです。紫苑とイヌカシの関係も可愛くて好きです。それぞれの心の動きがとても分かりやすく書かれていたので話に入りやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/18 01:18

投稿元:ブクログ

レビューというより自分の備忘録ですが…。

行き過ぎた文明の人間疎外の話、という印象。
No.6という街では人間は才能で選別される。能力に応じて特権を与えられる人がいるということは、能力や価値がないと判断された人は人並みの権利を認められないということ。その社会的な感覚の延長線上には、人狩りという大量殺戮が当たり前に発生する。
ナチスの障害者差別を扇動するポスターのことを思い出しながら読んでたら、ホロコースト関係の文章がやっぱり引用されてました。矯正施設での描写は、まさに、アウシュヴィッツの生存者の手記を思い出す内容でした。
でも、やっぱりこの作品の一番の魅力は、紫苑とネズミの関係性なんだろうなーと思います。友情というか、恋というか。主人公の二人が男女だったら、もっとありがちでつまらなかったかも知れない。あと、章の初めにマクベスとかの引用文が入ってるのも、非人間的なNo.6との対比で良かった。文学って最も人間的な営みなのかも知れない。
アニメも観たけど、原作のほうが良かったです。(でも、アニメのイヌカシは、容姿も声もすごく良くて、アニメ観た後読み返したらもっとイヌカシが魅力的に感じた)
後日譚のbeyondもそのうち読みたいです。

2 件中 1 件~ 2 件を表示