サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

潜伏キリシタン 江戸時代の禁教政策と民衆(講談社選書メチエ)

潜伏キリシタン 江戸時代の禁教政策と民衆 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/12/05 15:03

投稿元:ブクログ

江戸時代の潜伏キリシタンの実態と、近世社会で「切支丹」として表象された異端信仰との乖離を明らかにしている。厳しい禁教体制にもかかわらずキリシタン信仰が生き延びた要因を、外在的・内在的両方の条件から説明し、近世=宗教統制、近代=宗教解放という定式に再考を迫っている。

2014/05/13 16:00

投稿元:ブクログ

「バテレン」と聞くと妖術使いを思い浮かべてしまうのは何故だろう???

講談社のPR
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2585774

2014/07/26 11:38

投稿元:ブクログ

イメージ形成の話かと思いきや、史実発掘に転回するなど、いまひとつ論旨が明確でない感じ。
ただ切支丹の人々のイメージからの歴史再構築の目論見というか意気込みはよく分かります。
それにしても先に読んだ本と言い、この手の志向が流行りなのかな?

2015/02/23 13:31

投稿元:ブクログ

[ひっそりと]近世においては弾圧と迫害の対象になったと考えられることの多い、いわゆる「隠れキリシタン」。そんなキリシタンの存在を「潜伏キリシタン」と捉え直し、重層的な市民社会の中で、改めてその位置づけを試みた作品です。著者は、キリシタンを始めとする日本近世史を専門とされる大橋幸泰。


伴天連、キリシタンなどの時代に応じて用いられた呼称を通して、潜伏キリシタンが社会においてどのような存在とされていたかを探っているのですが、「近世」と一言で示される時代の中で、その捉え方が大きな変化を見せていることがよくわかります。本書の対象はあくまで近世なのですが、社会と宗教の関わり方を考える上でも参考になる一冊なのではないでしょうか。


キリシタンという宗教的な属性からだけでなく、農民・商人・武士などの属性もしっかりと加味した上で評価を下しているところも素晴らしい。こういう本を手に取ると、ついつい読者としてはキリシタンがかかわった当時の事件や出来事の背景にキリシタン的なものを見出そうとしてしまうと思うのですが、そこに一つ歯止めをかけ、社会を複眼的に眺める姿勢を与えてくれているように感じました。

〜キリシタン禁制の矛盾というのはまさに、キリシタン禁制が厳しいゆえに現実のキリシタンの存在が許容されていくとともに、それとは別の怪しげであると見なされた異端的宗教活動が取り締まりの対象とされていく状態を指すのであり、その矛盾の歪みは近世から近代への移行期である十九世紀において、さらに顕著に表れていく。〜

労作だと思います☆5つ

4 件中 1 件~ 4 件を表示