サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

電子書籍

kadokawa半額時に購入

2016/12/31 20:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uri - この投稿者のレビュー一覧を見る

kadokawa半額時に購入。無理のない展開で読みやすかった。要所に笑いを織り交ぜてあって楽しく読了。靴についても色々と知ることができました。オーダーメイドしたくなるなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

思わずタイトル買い

2015/12/28 16:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれて読んでみたら、久々に面白いのにであえました。アランさんはかっこいいのにヘタレ!私のツボでしたww
続きも気になるので、今後もチェックしていきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/29 10:34

投稿元:ブクログ

ひとりでに動き出してしまう母の遺品「赤い靴」を所有する靴職人のエデル。彼女はそれを見てもらおうといわくつきの靴を収集しているディセント伯爵家を訪れる。ディセント伯爵家はシンデレラの末裔で、伯爵家の次期当主アランはエデルの持ってきた赤い靴を見てそれを封印すると言い出し、エデルから取り上げてしまう。それに納得のいかないエデルは人見知りながらも靴職人として彼の経営する靴工房ガラスドームで働くことになり・・・。

イラストがあきさんだからヴィクロテの靴バージョンのように感じてしまった。ストーリーも読んでみたらなかなか面白かった。靴の構造とか作り方とか文中で説明されてて、凝った内容になっているのでは。童話と絡めてる所も面白い。キャラクターも個性的な面々が揃ってる。人見知りで人一倍恐がりで自信がないエデルがアランや靴職人の仲間たちと触れ合うことで成長していく姿が見れる。あとアランが何だかんだ言いながらも経営者として職人たちを守ろうと頑張ってる姿に好感が持てる。エデルを励まそうとアニュアル本片手に頑張る様子が微笑ましい。黒幕はあっさりと分かってしまいますが、次巻に向けての伏線なのか気になる感じで終わっています。来月2巻目が発売するのかな?次はどんな靴が登場してどんな童話と絡めてくるのか楽しみ。エデルとアランの恋愛も進むといいな~。

2016/12/26 21:29

投稿元:ブクログ

いわくつきの靴を収集している伯爵家へ訪れた主人公。
母の形見である靴を取り上げられてしまって…。

人見知りで、声も小さければ引っ込み思案。
確実にいらいらする人種ですが
思わず頑張れ、と思ってしまいます。
ここまでそろうと、誰しもどこかが
共感しそうな主人公です。

当然のことながら、靴がやたらに出てきます。
形や名前、呼び方などなど。
あの靴はそう呼ぶのか、という知識が増えていくような?

伯爵の妹が一番面白い…いや、腹黒い?w
しかしこれほどまでに『相手』が近くにいるとは。
何だか、今後の展開が分かりやすそうです。

2014/06/02 20:59

投稿元:ブクログ

帯の文言で、シンデレラ伯爵がエデルを靴屋さんで働かせ強引に迫るのかと勘違いしました(汗)

実際は人手が足りなくなった靴屋に、お互いの利害が一致して……という流れ。
強引な伯爵とのことでしたが、シンデレラ伯爵はいい人だと思います。
最初話を聞かなかったのは事情をよく知らなかったからだし、渡された名刺もミーハーを現すものだったのが原因でした。本人はあとでちゃんと反省しています。
知ってからは色々変なとこあるけどちゃんと考えてあげていましたよ。
……ちょっと不器用で斜め上に行ってる印象でしたが(^^;)

強引なヒーローと思って買った自分的には、伯爵にはどんどんエデルに強引に迫ってほしいです。

柔らかくてほのぼのしたい人にオススメします。
エデルの成長にはこれから期待です。

2014/05/21 07:52

投稿元:ブクログ

私はものすごく好きでした。
マニュアル本に頼るアラン可愛いです。
魔術とかのファンタジー要素が出てくるのですが、主人公の目の色が変わったときは、違う作品が頭に浮かびました。あれ? ここでそういうのくるの?
お話は可愛らしい感じで好印象です。続き読みたい。
黒幕が意外にもすぐわかり(主人公もすぐ気づきましたし)、ちょっとあっけなかった気もしますが、どう展開されるか楽しみです。
エデルがはやく気持ちに気づくと良いなぁ。

2014/11/03 14:10

投稿元:ブクログ

ビーズログ文庫なので、ノリつっこみの軽いテンションを想像しておりましたが、予想以上に面白かったッ!
”赤い靴”を持ち込んだヒロイン・エデルや、靴にまつわる事情は重いものの、アランの予想外のデレっぷりと、それに気がつかないブルブル震えるエデルとのやり取りがかなり楽しい。
イラストは”あき”さんです。
内気なエデルと、色気のあるアランのイラストが素敵です。
近寄りがたいイラストアランに反して、マニュアル本を片手に一所懸命に保護者ぶる辺りが、たまならく萌えでありますッ!

頑張る職人さんは好きです。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4055.html

2016/09/09 17:31

投稿元:ブクログ

 シンデレラの末裔で、「魔法がかかった靴を集める」という使命を背負う伯爵(靴屋経営)と、そこで働く女の子(靴職人)の話。読んだことのない作者だったので、かなり迷って買ったが面白かった。
 国や町は完全に架空だが、19世紀イギリスっぽい雰囲気。
 題材(人を不幸にする靴、貴族、職人、身分差、洋風)がコバルト文庫にあった「ヴィクトリアン・ローズテーラー」にちょっと似ているので、そちらが好きな人には好きかも。
 恋愛指南書を参考に(真面目に)主人公を励ますアランと、アランに怯えるエデルのやり取りが微笑ましい。

8 件中 1 件~ 8 件を表示