サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

湘南シェアハウス(ハルキ文庫)

湘南シェアハウス みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

いやはやおもしろい!!

2014/06/15 05:44

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kayuina - この投稿者のレビュー一覧を見る

お勧めです。久しぶりに寝る間も惜しんで読み耽っちゃいました。是非読んで見てください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/17 07:50

投稿元:ブクログ

30代から70代までの女性5人(+α)によるシェアハウスで繰り広げられる話。他人と暮らすこと、過去を振り切ること、過去と向き合うこと、未来を楽しむこと。それぞれの住人の観点から考えさせられることが多い。

2014/06/17 15:47

投稿元:ブクログ

今は、まったくそんな気持ちはないが、サラリーマンを引退したら、シェアハウスは悪くないかもと思っていた。まさに、そんなシェアハウスを江の島あたりに作る話。女性ばかり、30~70歳代までのシェアハウスをつくるところから、そこで暮らす人たちにもたらされる心の変化を綴る。舞台が地元に近く、我が家のすぐそばも出てきたり、鎌倉でシェアハウスをやっているS津さんを思い出したり 、親近感のある話だった。

2016/03/11 01:17

投稿元:ブクログ

湘南が舞台になったシェアハウスしているテレビ番組は「テラスハウス」。この作品が発表されたのは同じ頃だけど、テラハとはまったく違う、女性たちのシェアハウス物語。シェアハウスという概念は最近けっこうあちらこちらで実践されているけれど、知らない者同士がプライベートスペースを確保しつつ共同生活をするというのは、楽しいけれど難しい。そんな手さぐりのあれこれと、それぞれの人が抱える人生模様、それを今後どうしていこうとするのかという年齢や背景ならではの姿勢の諸々が興味深い。舞台設定が地元なので親近感もわくしね。

2014/11/12 19:02

投稿元:ブクログ

遺産相続した家をシェアハウスにリフォームし、住人を募集するところから始まるこの話、最初は良いなぁ(*´-`)と憧れの気持ちで読んでいたけれど、すぐに自分には湘南シェアハウスに入れる能力が無いことに気づく(--;)だってゴロゴロして本を読む事しか出来ないもん(^^;)この話に登場する人達はそれぞれ特技を持っていて、役に立っている(^^)そんな能力のない私は老人ホームの方が良いかも(^^ゞ他人同士で住むってなかなか大変な事もあるけれど、楽しそうだな♪

2014/07/21 12:41

投稿元:ブクログ

タイトルがなんともいい!ひょんなことから湘南にシェアハウスを作ることに。入居するのは世代もキャラも異なる女性達。
ひたすら明るく楽しい気持ちになれます。
でも実際、シェアハウスってどうなんだろうね?

2014/11/15 18:40

投稿元:ブクログ

遺産相続によってアパートのオーナーとなった女性が様々な年代の住人が集うシェアハウスを立ち上げる。話がとんとん拍子に進む前半は都合良すぎるが、実際の共同生活で浮かび上がる問題点や個人が抱える葛藤を描く後半は現実的であり、問題解決にあたる女性の力強さが頼もしい。個性的な住人の個人的な背景を掘り下げればもっと読みごたえのある作品になるのだろうが、文庫書下ろしという形態を思えばこれぐらいが丁度よい。

2015/03/21 13:01

投稿元:ブクログ

湘南に、遺産相続で母屋&アパートを手に入れた主人公が、友人や知り合いなどどどもに「湘南シェアハウス」を開く話。

最初のメンバーが集まる流れは、あまりにトントン拍子すぎる気がしたけど、大人たちの集まりの、身内ではできないかもしれないうまい距離感など、読んでいてホッとする内容でした。

2015/04/25 19:51

投稿元:ブクログ

夢のあるお話で、とても楽しく読めました。

小説家夏都が遺産相続した湘南のアパートを、親友の紀世子の発案でシェアハウスに改造する。
そこで30~70代の女性5人で暮らし始める。

正直、こんなにとんとん拍子にはいくはずはないと思う。
でも、それぞれ家族関係に問題やつらい過去を抱えている人たちが幸せな生活を求め、それに向かって強くなろう、変わろうとしている姿に応援したくなる。
日本中にあるらしい膨大な数の空き家もこんな風に活用できたらいいのになあ。

巻末の
”嫁がぬ娘の金婚式の雛飾る” 広谷青石
広谷鏡子さんのお父様の句なんでしょうか?
愛情のこもった温かな一句にほっこり♪

9 件中 1 件~ 9 件を表示