サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

お江戸、ほろり 神田もののけ人情語り(角川文庫)

お江戸、ほろり 神田もののけ人情語り みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/06/21 20:58

投稿元:ブクログ

 長屋の主である小次郎の金を使い込んでしまった居候の狸娘ぽんぽこと白猫にしか見えない白額虎は、口入れ屋に行ったものの、妖怪人別帳に名前のないいわば「無宿」の2人は仕事を貰えない。
 一人前の妖怪と認められるためには、妖怪学校に行くしかない。
 妖怪学校は実践中心の授業で、任務を解決すれば報酬も入ると言う。
 これで使い込んだお金を稼ぐことが出来る…!

------------------------------------------------------------------

 このシリーズ、wikipediaだと「ぽんぽこシリーズ」だけど、角川文庫のサイトだと「お江戸シリーズ」てことで、「ぽんぽこシリーズ」とは分けられてるの、一体どっちが正解なの?
 でも、狸娘のぽんぽこちゃんがメインキャラだし、小次郎さんも出て来るから、「ぽんぽこシリーズ」の新シリーズてことなんでしょうか。
 きっと「ちょんまげ、ちょうだい」から順に読んで行ったほうがいいんだろうけど、図書館になかったんで、この本から。

 気になったこととしては、白額虎のセリフが「」でなくダッシュ(――)に続くように書かれていること。
 何か意味あるんでしょうか。これまでの本とかで説明があるのかしら。
 とりあえず、読みにくい。
 心の声みたいで。

 お話としては、おもしろくて、ほっこりかわいいんだけれど、終わり方がいまいちすっきりしない。
 この先もシリーズが続くので、『使い込んだ金を稼ぐ』というこのシリーズの大きなテーマが解決しないのはいいとして、各章で起きた事件が、一応解決はしてるけど、何か煮え切らないというか。
 ぽんぽこと白額虎の存在感もあんまり意味ないし(彼らが直接解決していない)。
 『で、結局どうなったの?』がない。
 主役たるぽんぽこと白額虎は、登場シーンこそ多いものの、活躍らしい活躍をしていないから、何か存在感が中途半端。

 あと、カカシ先生が、ずっと名前も存在感も「カカシ」と表記されてたのに、5話目で「案山子」て書かれたのはなぜ?
 字として間違いはないけど、同じ人(妖怪)なんだから、表記は統一すべきなのでは?


 突っ込みどころの多さ、お話のふわっとした感(何が言いたいのか分からない感)からすると、☆3かな、て思ったんだけど、それでも続きを読んでもいいかな、と思えたので☆4で。

2014/05/06 16:41

投稿元:ブクログ

癒される。ぽんぽこと百白虎ののほほんとした会話とお間抜けな行動が中心でピリリっとコショウのようにたまに小次郎が。。。んー、凄く良い。

2014/05/07 06:45

投稿元:ブクログ

ぽんぽこちゃんと白額狐がメインのお話。
ときどき登場していいところを持って行く小次郎も
ナイス。
新登場のカカシさん。
今後も登場はあるのかな(笑)

3 件中 1 件~ 3 件を表示