サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

狐が嫁入り(リンクスロマンス)

狐が嫁入り みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2017/03/29 02:33

投稿元:ブクログ

妖怪が見える不思議な能力?のある橘八雲。そして橘家に使える妖狐の炯。
眼鏡の主人公 八雲が頼りない子供っぽいところがあったり、妖狐が美しく魅力的であったりと、某アニメを思い浮かべながら読んでしまった。
脳内は彼らの声になっていましたね。

田舎から都会に単身やって来て、妖怪の河童に襲われ、陰でそっと守っていた妖狐の炯が現れる、ヒーローっていう感じです。
炯がとにかくかっこよく、八雲はドキドキしてます。
八雲は度々妖怪に襲われ、その度に炯に助けられ、身体を繋げる羽目に。
そのあたりはまあ良いとして、橘家の力の使われ方があまりきちんと語られていないのは残念。
設定がちょっと曖昧ですよね。
田舎(実家)の方では橘家は名主だったとか、大事にされていた、とか、大学進学のために上京するのにあたっても、家族以外からも心配されていた方が良かったと思います。
八雲と炯は最後まで甘々でした。ご馳走さま。

新刊と思って読み始め、読み終わってあとがき・奥付を見たら三年も前の作品でした。
積んでいたんですね。

1 件中 1 件~ 1 件を表示