サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

旅するサッカー

旅するサッカー みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/03/28 17:54

投稿元:ブクログ

皆から愛されてるのが伝わってくる1冊でした!私も見習いたいと思いますw
個人的にはフェンロの会長さんが身近すぎてびっくり!!会長夫婦ってそんな選手の世話焼いたりするもんなの?w

2014/11/25 01:40

投稿元:ブクログ

「旅するサッカー」
吉田麻也3作目で初のアンサーブック。


吉田麻也。いちサッカーファンとしてちょっと心配している。絶好調のサウサンプトンで苦戦しているのだ。クラブでレギュラーが取れていない。その一方で、日本代表ではレギュラーとしてチームを引っ張る役割を期待されている。


プロといえども、役割の真逆さに難しさを感じているかも知れない。しかし、吉田麻也なら乗り越えてくれるに違いない。


本作は吉田麻也著の3作目にして、初のアンサーブックである。登場人物は、吉田麻也の兄から始まり、楢崎正剛、カレン・ロバート、内田篤人、香川真司等のプレイヤー、フェンロ会長ベルデン、オランダの母イボン、名古屋時代の監督セフと様々。


彼らが麻也の思い出を語り、それに対して麻也が返すと言う形。各々が語るエピソードは異なる中、麻也も異なるユーモアで返す。ときに真面目に、大半はユーモアに、それが吉田麻也なのだ(主観)。


意外だったのは、内田篤人と本格的に仲良くなったのは、2人が海外に出てからと言う事。これは意外だった。U世代から仲良くやってんのかと思っていた。


印象深いのは、やはり13-14シーズンのサウサンプトン2年目への一問一答だろうか。2014年3月収録時点では、ライバルはロブレン、フォンテ、ホーイフェルトの3人だった。麻也とはタイプの違うのCB(ロブレンは被る)がいるのだから、相互に補完し合える関係を築けるはずだった。しかし、苦戦が続いていた。


そんな苦境で麻也はこう語る。今やれることを、やるべきことを、自分を信じてやるしかないと。失うものは何もないと。


ふと、自分に置き変えてみた。自分は、今やれることを、やるべきことを、自分を信じてやるしかないと思ってやっているだろうかと。それは否。


いつもユーモアを大切に、人を大切にしている人が真面目な顔で何かを話す時、妙に何故か期待値が上がってしまう。思わず耳を傾ける。そして、語る言葉は期待値を越えた確かなモノだ。


吉田麻也、いつもユーモアとサッカー、仲間を大切にするこのプレイヤーも、大切な事を語ってくれた。


自分を信じてやる。それを徹底しているだろうこの日本代表ならば、サウサンプトンの波に再び乗ってくれると信じている。

2014/06/12 10:01

投稿元:ブクログ

頭が良い。他人との距離感が上手く取れる。日本人の中の日本人と言う感じ。この人の特徴を見ていると、日本人にフットボールという競技は向いていると思うんだよなあ。彼の体は日本人としては規格外だけれども(笑)

3 件中 1 件~ 3 件を表示