サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

「自分」整理術 好きなものを100に絞ってみる

「自分」整理術 好きなものを100に絞ってみる みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2014/07/22 23:17

投稿元:ブクログ

とってもオシャンティーでセンスの良い著者が自分の好きなオシャンティーな服やらコスメやら映画やらジャズやら100個をセンスのよい文章とともに紹介するオシャンティーな一冊。

全編をとおしてガンガンに漂うオシャンティー臭に若干むせかえりつつもそれでもすごいなあとおもってしまう。こんなにひとつひとつのモノに美とこだわりをもって生活するなんてすごい。うらやましい。キーッ!って思う。でもこれよんで嫉妬する人ってきっと自分にも100つのオシャンティーグッズ列挙できる人だと思う。誰かが嫉妬も生きるエネルギーですって言っていたけど、その言葉を思い出しました。嫉妬も悪くないよな、と実感しました。

ちなみにどうやら私は著者より15歳ほど年下のようであり、著者のことはあまり知らなくてオリーブがなんだかもよく存じ上げません。なのになぜこの本を手に取ったかというとやはりあるタイプの生意気な娘たちを惹き付ける何かをもっているだからだと思います。もし私が浮かれ学生だったときにこれをよんでたら影響されて目標のお姉さん♡になってたかもしれません。

2015/06/26 22:56

投稿元:ブクログ

2015.6.26

好きなものを100個に絞って、それを「ずっと好きなもの」「新しく好きになったもの」「キラキラしたもの」「憧れを含んだもの」「定番のもの」に分けて自分の内を整理してみよう、ということらしい。
でも正直、著者が好きなものを挙げていっただけの本と何が違うのかさっぱりわからず……。だったら「自分整理術」なんてタイトルにしなきゃよかったのに。

著者が挙げていく「好きなもの」は私にはおしゃれすぎて、これまた共感できず……

2015/03/25 22:58

投稿元:ブクログ

自己啓発系なのかな?と先入観無く読んでみたら全く違った。
「乙女カルチャー」と第し、さまざまなメディアでコラムを書く作者。雑誌『Olive』で連載をしているらしい。
好きなものを100個選び、「ずっと好きなもの」「新しく好きになったもの」「キラキラしたもの」「憧れを含んだもの」「定番のもの」に分け、自分を見つめてみる、と言った本。
映画や小物、本、食べもの・・・など、本当にオシャレなセレクト。コラム毎に添えられた写真もセンスを感じる。
こういう細かな作業、私に向いている。私もやってみよう!いつかこんな本を出したいな。決してオシャレ女子じゃないですが・・・。
・気になる本・・・獅子文六の本「悦ちゃん」「コーヒーと恋愛」「七時間半」、クリスチアナ・ブランド「猫とねずみ」、アントニィ・バークリー「毒入りチョコレート事件」
・行ってみたいと思った店・・・芦花公園の「世田谷文学館」、千歳烏山の「ショコラティエ・ミキ」、「ル・プティ・ポワソン」、「ラ・ヴィエイユ・フランス」

2015/05/24 15:52

投稿元:ブクログ

自分は100個も無いと思っていたら大間違いだ。誰にでも多くの「自分らしさ」「自分が好きなもの」があり、それを100個に絞る処か、その対象にそもそも入れるべきなのかという時点で迷いに迷うのではないか。
しかし、自分探しのいい訓練にはなると思う。忘れかけていた自分の好きなものに再開するかもしれない。

2014/06/16 00:49

投稿元:ブクログ

タイトルで連想されるような断捨離本ではないです。
なんだかなぁと思いつつ、憧れる生活なのは否定できない。

2016/01/21 17:31

投稿元:ブクログ

ただ単にオサレなモノだけじゃなくて、カルチャーも入ってるところが良いわ。ブルックスブラザーズのブレザー見に行きたくなった。

2015/07/29 17:35

投稿元:ブクログ

おしゃれな本でした。近ごろおしゃれとは無縁の生活をおくっているのですごくまぶしかったです 笑
お洋服とかわたしには全然手の届かないものなんですが、やっぱり本や映画関係にはぐっと引きこまれるものが。
わたしの好きなモノって100もあるかしら。この夏休みの自由研究にしちゃおうかな。

2014/07/16 15:10

投稿元:ブクログ

疲れきって、自分らしく過ごすことをすっかり見失ってしまったので選んだ本。
山崎まどかさんは好きなものの感覚が似ているので、読むというよりはビジュアルブック的にいつも手にします。彼女に教えてもらった音楽や小説は数知れず。いつも、素敵なものを教えてくれる憧れの先輩とのランチタイムのような本です。

2014/08/31 02:02

投稿元:ブクログ

山崎まどかさんの本は初めて読みました。自分の好きなものを100個語るというテーマですが、ジャンルが多岐に渡っていて感心。自分とは違う世界の人なんだと再認識しました。

9 件中 1 件~ 9 件を表示