サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/09/21 16:28

投稿元:ブクログ

相対性理論を手短に扱っていて面白かった。

・これから類推すると、アインシュタインが第二の光波を眺めたとき(光の速度の列車に乗って並進する光を見ると)、それは止まっているように見えるはずだ。だが、マクスウェル方程式には真空中の高速は一定であるという解しかない。言い換えると、山と谷をもつ光波はけっして停止したり遅くなったりせず、真空中ではどんな場合も秒速30万キロメートルで動きつづける。
…アインシュタインはここから常識を覆す劇的な結果を導いた。一つは、物体の長さと時間はけっして変わることのない一定の値ではなく、速度によって変化するというもので、このため静止している観測者から見ると、運動している物体の長さは縮み、運動している物体上の時計は時間の進み方が遅くなる。

・特殊相対性理論からは従来の物理学と根本的に異なる予測が導かれるが、その中で本章のテーマにもっとも関係があるのは、いかなるものも光速を超えることはできないという結果である。なぜせんなことが言えるのかは、特殊相対性理論を記述する数学を見ればわかるし、そこから得られる結果の物理学的意味を考えても理解できる。数学の言葉を使って言えば、物体の速さがcを越えてしまうと、負の数の平方根を扱わなければならなくなって、特殊相対性理論の式に不都合が生じてしまうのだ。

2016/10/31 12:02

投稿元:ブクログ

透明化技術、量子テレポーテーションなど最先端の技術を、光を専門とする物理学者である著者がわかりやすく解説しています。本書では、現実の光の科学技術を単に紹介するだけでなく、どのくらいSFに近づいているかを検証したり、あるいはSFの設定を実現することがなぜ難しいかを解説したりと、最先端の光科学とSF作品の技術とを比較しているのも、面白いところです。(計数工学科)

配架場所:工6号館図書室
請求記号:24:P:6

◆東京大学附属図書館の所蔵情報はこちら
https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2003194508&opkey=B147788290728337&start=1&totalnum=1&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=6&cmode=0&chk_st=0&check=0

2014/07/06 09:14

投稿元:ブクログ

光学迷彩、ワームホール、テレポーテーション、量子コンピュータとか興味ある人にはオススメ。
SFと現代科学の到達状況についてまとめられている。量子力学の基本知識がないと、若干難しい内容だと思う。

2016/08/24 10:29

投稿元:ブクログ

ボブ・ショウの名作「去にし日々の光」は低速の光が研究テーマになる以前の作品だそうです。恐るべしSF作家の創造力。とは言うものの、SF作品との絡みの記述が多過ぎて少し面倒くさい。SFを全く読まない人には読むのが少し辛いかもです。文章も読みにくくはないけど(原文のせいか翻訳のせいか…訳者あとがきから察するに後者か)あんまり面白くなくて、ネタが一級の割にはページが進まない。

4 件中 1 件~ 4 件を表示