サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2016/09/03 18:15

投稿元:ブクログ

 高齢ドライバーは免許を返納しているこのご時世に、運転免許を取得しようとしてるトミエさん…。
 しかもかなり危なっかしいし。
 でもトミエさんも猫たちもかわいいのよ!

2014/12/08 20:59

投稿元:ブクログ

トミエおばあちゃんの真夜中の冒険。
トミエさんが本当に可愛い。一生懸命でまっすぐで、おばあちゃんらしくて。猫たちも、出てくる子みんな可愛い。
武田美穂さんの絵がとてもよくあう。
講談社児童文学賞佳作ということで手に取りましたが、安定した物語。

2014/04/21 17:07

投稿元:ブクログ

第54回講談社児童文学新人賞、受賞作品決定!
http://bookclub.kodansha.co.jp/ehon/j_shinjin_houkoku.html

講談社のPR
「第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞作『トミエさんの真夜中ものがたり』を改題、刊行いたします。
葦原かも氏は新人ながら、同人誌等でのキャリアも長い実力派作家です。
ひとり暮らしのトミエおばあさんが夜中に出会う、ちょっと不思議な四季の物語。どこかなつかしい、ほっとするファンタジーです。
表題作「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」(春)をはじめ、「まよなかのペンペン・ポット」(夏)、「まよなかのねむこ玉」(秋)、「まよなかのホット・タルタル」(冬)の4話による短編連作。小学中学年くらいを中心に、安心して読める本格派童話作品です。
講談社出版文化賞受賞作家の武田美穂氏による、あたたかなイラストも満載。」

2014/09/28 18:51

投稿元:ブクログ

深夜の自動車学校で、
猫達の猫による自動車教習の現場に遭遇したトミエさん。
急に猫語が判るようになり、
成り行きで自動車を運転するはめに。

運転するように煽ったアカトラが、
トミエさんの運転のあまりに下手さに特訓をするよう提案。

アカトラ最初は態度がぞんざいで、教官役だったトミエさんの
飼い猫モーに食って掛かってたのに、トミエさんが
運転下手だとわかると運転が上達するように手を貸してあげたり、
なんやかんやと良い男っプリを発揮してて笑えるw
アカトラ本当は優しい奴だな。

とりあえず、この町に住んでる猫達はよく夜中に集まっては
遊んだり話し合いをしているみたい。 そして歌うのが好き。
歌うとたまに不思議なことが起こったりして。

春夏秋冬で章がわかれていて、
「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」は春の章のお話。

毎回トミエさんが不思議なことに遭遇して、
話によっては猫どころか他の生き物の言葉もわかってしまう。

夏には怪しいポッドをレンタルしてしまったり、
秋にヒキガエルとお話したり、冬には無理やり
あるコンサートに代役で出させられたり。

でも全て真夜中の出来事。
朝が来れば、猫の言葉もわからなくなってしまいます。

深夜に猫の集会に出くわしたら、猫語が判るかもねw
トミエさんが明るくて元気なおばあちゃんで、
不思議な事をすんなり受け入れられるから
色々面白い体験ができるのかも。

やっぱ、不思議なことは楽しむに限るね。
現実的な事以外は興味が無い大人になるより、
人生を楽しめそう。

4 件中 1 件~ 4 件を表示