サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/04/02 10:57

投稿元:ブクログ

図書・図書館史の授業用。言語の起源、そのものではなく、西洋におけるその議論史。
「言語の起源については割りと近年まで錯綜した空論になってた」と授業中にやってるんだけど、本当かいなと思って手にとった本。割りと本当だった。
以下、授業用メモ。

II章 p.76 ルター以前にも聖書ドイツ語翻訳は存在
 ・日常用いられるドイツ語とはかけ離れたもの
 ⇔・ルター・・・民衆にも読めるドイツ語翻訳
  ⇒・近代ドイツ語確立に寄与

・「言語の起源」の持つ権威
 ・「最古の」「すぐれた」民族であることを主張する根拠に話す言語と起源の言語の類似が持ちだされる
 (ある時点までは言語の起源=「起源の言語」)

・国民言語と国家統合
 ・1635・・・アカデミー・フランセーズ
  ・国語の純化を目的とする国家機関
  ・1637・・・デカルトの方法序説はフランス語で書かれ、出版される
 ・このフランスほど統合が進んだ国家では「起源の言語」との類似は重視されなくなる

III章 「神」を離れて言語を考えられるようになる
 ・「言語以前」を考えられるようになる
  ・「始まり」が考えられるようになるということでもある

あとがき、帯にもあるとおり、言語の起源は社会/国家とは何かという問いと結びつき、かつその問いは現実的な利害と絡まざるをえないものであって、議論もその利害や都合にからめられがちであるように読める。言語の優劣の話とか典型。そういう話を授業に盛り込むか。

・パリ言語学会の規約・・・起源論を禁じている
 ⇔・起源論はパリ人類学会が扱う
  ・費やされる労は多いが空論ばかりになる

1 件中 1 件~ 1 件を表示