サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

「骨ストレッチ」ランニング 心地よく速く走る骨の使い方(講談社+α新書)

「骨ストレッチ」ランニング 心地よく速く走る骨の使い方 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

2014/07/20 00:13

投稿元:ブクログ

100m10秒切りを目指す桐生君も指導した?(後書によれば)スポーツトレーナーによるランニングのhow to本。理論名に拘ったタイトルは微妙で、骨そのものをストレッチしたり骨で走る方法論ではなく、ストレッチは可動域を制限してやらないと身体に逆効果ですよ、重心移動をうまく利用して筋力に頼らず走りましょう、が趣旨。紹介する走り方は目新しくはないものの、単純な筋トレに否定的なトレーニング理論はなかなか興味深い。難を言えば動きの説明がわかりにくいけど、しばらくはこの本に従って走ろうと思う。

2015/08/14 11:11

投稿元:ブクログ

腕振りを意識して振っていたが、効果が無いことにはショック。
脇を締めることを意識して走ってみることにしよう~
あとは、自然な前傾姿勢で進むことは意識していなかった
筋トレも無駄とか。。不要な筋肉は邪魔なのは理解できるけど、ある程度の持久力に必要な筋力は必要だと思うのだけどな

・体幹をゆるめることが基本
・親指はブレーキ
・小指はアクセル
・親指と小指をつけると、ニュートラル
・足の親指を使わないよう意識する

・野口体操
・休んでいる筋肉が多いほど次の瞬間の動作がスムーズにできる
・骨盤の前傾はリスクが高い
・膝下が先に出る歩き方はNG

骨ストレッチ
・腸ほぐし
・マグロの中落ちストレッチ
・手首ブラブラ
・手首肩甲骨ストレッチ
・手首背伸び
・足首前屈伸ばし
・足首ハムストリングストレッチ
・鎖骨ひねりストレッチ
・片足開き体側伸ばし
・足首まわし



体幹エキササイズ
・ダブルT立ち
・ダブルTウォーキング(足の中指を意識して歩く)
・逆さ歩き
・腕組み大股開き歩き


腕振りのポイント
・腕振りは自然に動く程度とする
・脇を締めて体幹を使った動きをキープする
・腕は前で「でんでん太鼓」イメージ

着地のポイント
・自然な前傾姿勢で進む
・スムースに「倒れ込むように前へ進んでいく」感覚をつかむ


チェックポイント
①腹筋がゆるんでいる
②顔や首筋が緊張していないで笑顔でいるか
③腿上げや腕振りを意識しない
④体幹部が自然に前傾している
⑤地面の接地感が、ふんわり
⑥後ろ側の筋肉が使われている

2016/12/27 10:45

投稿元:ブクログ

骨ストレッチを色々の紹介していますが、効果が実感できたのは『手をグーにして肋骨をグリグリする』というもので、これは体が柔らかくなった感じがしました。ダブルTウォーキングの効果は……正直良いのか悪いのか分かりません。ダブルTとは簡単に言えば足の向きを内股でも外股でもない、真っ直ぐに向けた状態を指しますが、これで歩くと、膝が曲がり辛くなって、結果的に重心移動での歩行になるということで、今までの歩き方とは質が変わるのは分かるのですが、何というか歩きにくい感じがしました。脛の筋肉を使っているような感じでかえって疲れるような……。慣れの問題なのか、僕自身の歩き方に問題があるのか……。でも『地面を蹴らない歩法』は魅力的なので実践していきたいです。
僕はテニスをしていますが、ボールを追いかけるスピードは速い方で、多分うまく重心移動ができているんだと思います。ラケットを持ちながら腕を振って走るのはおかしいので、そういう走りはしていないと思うのですが、多分ラケットの重さを利用して走っているとではないか、と思います。
さて肝心の『骨ストレッチランニング』、ダブルT・重心移動でのランニングですが、それよりも僕はナンバ走りの方が良いように思います。この走りをすると、腕の動きが従来の前後から上下になります。右足が着地する時に右腕が落ちる、左足が着地する時に左腕が落ちるような感覚で、これを実践すると、腕を振る必要がないんです。で、アニメなんかでは走る描写は腕を振って走っていないものもあって(ハンターハンターやドラゴンボールを思い浮かべて下さい)、身体が前傾姿勢で両腕は後ろ斜めに真っ直ぐにのびたまま、足だけを動かしている走りですが、これって意外にも有用な走り方なんじゃないかと思います。あと、仙骨が押されるような感じで走るのも、初速は良くなると思います。

イメージの話もありましたが、確かにイメージって大切なんですよね。最近はテニスの指導の時は『上手い人の打ち方を頭にイメージして、それを真似てみるように』と言っています。
最近の子供は体を動かすのもイメージするのも不得意な子が多いように感じます。幼少から体を動かす機会が減っているのでしょう。そんな状態から部活に入ってもなかなか伸びないんですよね。
「体が動かないからイメージができない。イメージができないから上達しない」。この関係は密接していると思います。

筋肉を付けると重りになって、かえって遅くなる。足の速いチーターは筋肉の使い方がうまいから足が速い。要は筋肉の使い方だと言いますが、それは確かにそうです。普段使わないような筋肉が連動することで、今まで以上の力が発揮できれば良いのですが……もっともっと勉強して実践をしていかなくてはなりませんね。
色々と有用な事が載っていたので、僕の評価はA+にします。

2016/08/23 22:03

投稿元:ブクログ

過去自分が考えていたこと、教えてもらったことが繋がることがあった。試したいことたくさん!生徒にフィードバックしよう。

2015/10/03 10:09

投稿元:ブクログ

今までのランニング理論を覆す本。何が正しいかわからないが、試してみる価値あり。従来のストレッチや筋トレを否定し(ランニングには)、自然な前傾と足のバランス、変わったストレッチを推奨している。確かに、動物を見ると不要な筋肉はついていないことがわかるが、人間においても同様なのかな。

2015/01/31 10:19

投稿元:ブクログ

體は骨が豊と書く。いろいろ試してみてわかったとは言えないけど、少し感じたのは體の先っぽだけつかうのは良くないと言ってるらしい。

2015/09/08 00:22

投稿元:ブクログ

一風変わったストレッチの方法と、体の声に寄り添った走り方をレクチャーしてくれる本。
通常のストレッチは不要どころか悪であり、著者が考案した骨ストレッチを行って体を軽くした方が良いらしい。いくつかのストレッチが紹介されていて、劇的に体が軽くなるらしいが、個人的にはあまり体感できなかったが、普段伸ばしてないところが伸びた感覚があり気持ち良かった。
歩き方にはダブルTウォーキングというものが提唱されている。カカトに重心を持ってきて、そこと中指を結ぶ線が直線となるらしい。すると背骨は理想的な湾曲になり、骨盤はニュートラルになるとか。その状態で胸のあたりから体を倒していく。
走り方はその延長。カカト着地や母子球からは着地しない。あえて言えばミッドフットらしい。
怪我に泣かされて走れない人にオススメです。

2016/05/03 23:26

投稿元:ブクログ

日々のトレーニングに骨ストレッチを取り入れようというには、少々物足りない。具体的な実践方法は、他の書籍やDVDを見た方が良さそう。
どちらかというと、人生の一部としてスポーツを楽しむための心構えを知るというほうが、本書の主テーマなのだろう。そういう視点で、理論先行ではなく自分の体の発するメッセージに良く耳を傾けることが、故障せずかつ結果を出せるスポーツへの取り組み方なのだという考え方が非常に共感できた。

2015/05/04 15:01

投稿元:ブクログ

一流選手のトレーナーという肩書きを持っているだけあって、「ランニング」と言うよりは「ストレッチ」に重きが置かれた内容。正直、初心者向けではないと思います。

2014/06/21 10:08

投稿元:ブクログ

骨ストレッチについて、イラストを交えながら非常に分かりやすく述べられている本。

これと前著「誰でも速く走れる骨ストレッチ」(講談社)の写真による説明を合わせて読めば、さらに良いと思います。

2015/05/25 19:28

投稿元:ブクログ

オリンピック選手も脱帽、「骨」の正しい使い方を知ると、「筋肉」が勝手にもの凄いパワーを発揮する――誰でも高橋尚子や桐生祥秀、そしてウサイン・ボルトの走りに近づくことができる本!! 現役時代にケガが絶えなかった著者は、トレーニング法を根底から見直し、「筋肉」ではなく「骨」の活用法に重点を置いた画期的なストレッチ法「骨ストレッチ」を考案、ついに体幹部を効果的に活用できる「松村式ランニング」を完成した!

11 件中 1 件~ 11 件を表示