サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

おしまいのデート(集英社文庫)

おしまいのデート みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー84件

みんなの評価3.9

評価内訳

84 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/10/30 20:34

投稿元:ブクログ

思っていた話とは違ったし、長編だと思ったら短編だったけど、どれもほんわかしてて温かい気持ちになった。
ほんわかしているのにどこか突拍子もない展開があったりしてすき。

2014/11/11 18:07

投稿元:ブクログ

色々なデートの話。デートといっても男女の恋愛関係だけでなく、色々な二人が始めたり終わったりするためにデートをする。優しい気持ちになったり、ちょっと悲しかったり、ほのぼのしたり。
2014/11/11

2015/09/09 15:35

投稿元:ブクログ

おじいちゃんと孫、元不良と教師、男子高校生二人、バツイチOLと大学生、園児と保育士など、色んな二人のデートを描いた短編集。

スッキリして読みやすく、切なくて暖かくなる一冊。

お好みは、「ファーストラブ」と「ランクアップ丼」かな。

2017/02/12 18:47

投稿元:ブクログ

もっとデートらしいデートなのかと思ったら、少し違った。「おしまい」感が強かった。

「ランクアップ丼」は、途中で分かっちゃったけど悲しすぎた。上じいの娘はあっさりした物言いで喋るけど、逆にそれが刺さった。上じいは玉子丼を食べるために生きようとしてたというのが救いではあったけど。

「ドッグシェア」も、犬のかわいそうな話が苦手な私には悲しかった。二人の関係は今後進展しそうだけど。

一番理不尽なおしまいだと思ったのが、「ファーストラブ」。普段同じグループに属さない、タイプの違うクラスメイトとは言え、楽しい時間を共有した仲間に何も言わずに去ってしまうのは悲しい。お互いすぐに忘れてしまうような関係だとしても。いや、宝田がそれを悟っていることが寂しかったのかも。そりゃ事実なんだけど・・・という感じ。

安定の瀬尾まいこさんらしい短編だった。

20170212

2015/01/31 22:11

投稿元:ブクログ

瀬尾さんの小説は2度め。
おしまい、とあるから切ない恋の話かと思ったら良い意味で裏切られた(笑)

おしまいのデートのじいちゃんは飄々としていていい事を言う。最後の弟が持ってきた傘がいい味を出してました。爽やかな読後感。

ランクアップ丼は玉子丼の描写が美味しそう。誰かと食事をするって何でもない事に思えて、実は大事なんだと思える話。
切ない終わり方だけど、未来への希望を感じられて前向きになれる。

ファーストラブは、宝田君が主人公を誘った理由が気になったけど、そういうことだったのか(笑)宝田君は目のつけどころが面白いな。
バッティングセンターや銭湯の様子が楽しそうだった。学生の青春みたいなのを感じた話。

ドッグシェアは、主人公と内村さんの関係が面白い。所々に元夫との回想が挟まれていてちょっと切なくなった。
二人とも犬を可愛がってる様子が伝わってきて良かった。

最後の話は保育園の先生ってこんな感じなんだと思ったり。これまでの話とは雰囲気が違うけど、前向きな終わり方で良かった。

2014/08/22 23:29

投稿元:ブクログ

その「先」がある「おしまい」。
ほんとうにおしまいでダメなときは、瀬尾さんを以てしても「ダメ」というのがよく分かった。
普段ならしみじみと浸れるところが、ふざけるなとヤサグレているんだもの。
心がササクレている今はこの作品を読む時ではなかったのだ。

2015/09/06 09:53

投稿元:ブクログ

ちょっとした悲しさ、切なさはあるものもほっこりして読み終えることが出来る短篇集。
歳の差、孫と祖父など普通の男女のデートの話は無いので、お気をつけください。

2014/06/09 08:46

投稿元:ブクログ

短編集。心がほんわかするのは、瀬尾さんの作品ならでは。日常が輝いてきます。
先生と生徒。男同士など五つのデートはどれも良かった。

2015/07/17 16:12

投稿元:ブクログ

おじいちゃんと孫、先生と教え子、男子高校生、OLと大学生、保育士と父兄・・・のお話。
どれも幸せな気持ちになれるお話でした。
いつもそうだけど、悪い人が出てこない小説は読んでいて気分がいいものです。

2014/08/27 16:37

投稿元:ブクログ

どのデートにも美味しそうな食べものが出てきます。
デートと食事はつきものですね
それぞれ、「おしまい」ですが、寂しさを引きずらない。
次があるから……。
形を変えて、次へのステップ。
そんな明るさを持った作品たちでした。

ちょっと切ないですが、元不良と教師のデート(?)
『ランクアップ丼』が好きでした。

2014/08/16 19:44

投稿元:ブクログ

やっぱり瀬尾さん好き、って思った一冊。

「ファーストラブ」が一番のお気に入りかな。広田くんの勘違いが微笑ましい。
宝田くんマイペースだなあ。そして、映画を観終わった後の宝田くんのセリフがなんか切ない。

▼収録作品

「おしまいのデート」
「ランクアップ丼」
「ファーストラブ」
「ドッグシェア」
「デートまでの道のり」

2014/08/07 22:04

投稿元:ブクログ

書評で見て。男女のデートばかりではない。おじいさんとのデート、男同士のデートなど。おしまいの(最後の)デートはどんなものかという気持ちで読んだが、いい意味で、期待を裏切られる出来。

2015/10/31 14:44

投稿元:ブクログ

おしまいと題名にあるけれど、どのお話も物語の最後までは書かれていません。だからこそ、この後どうなったのかなと想像の余地が広がります。
ランクアップ丼のお話が一番気に入っています。卵丼食べてみたい。

2014/05/31 22:52

投稿元:ブクログ

お祖父ちゃんと孫、男の子同士、先生と生徒などいろんなデートがつまった短編集。

どれも人間捨てたもんじゃないぜ、っていうやさしい気持ちになれる話でした。

2015/05/22 21:39

投稿元:ブクログ

ぼちぼちですかね。
面白かったけど、目新しいこともなく。
期待値が高い瀬尾さんだけに、
ちょっと物足りない残念さが残りました。
なかでは、「ファーストラブ」が印象的でしたね。

84 件中 1 件~ 15 件を表示