サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

最後のスコアブック(PHP文芸文庫)

最後のスコアブック みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/11/08 23:13

投稿元:ブクログ

「野球は、努力でも練習でもなかったし、大試合やトロフィーを意味するものでもなかった。野球は冒険だったのだ。」

6人の冒険者に焦点をあてた、6本の短編からなる本書は、トマス・ボスウェル氏の「人生はワールド・シリーズ」からこの言葉を引用してはじまる。

誰もが知るスターの冒険ではない。
スターへの道が見えかけていたにもかかわらず、戦力外通告により表の世界から一度は消えた冒険者達のその後に焦点をあてた実話である。

野球は人生に必要な全てのものを教えてくれる---野球が好きか嫌いか、上手いか下手かといったことに関係なく、一度でも野球に真剣に取り組んだことがあるものにのみに与えられる贈りものがある。

私はずっとそう思ってきた。
それは何か、と問われても、「全てだ」としか答えようがない。

本書にはその答えがあった。
「自分自身にしかわからない」という答えが。
至極の一冊。

【本書 あとがき より】
どれだけ野球を愛しても、いつでも野球から愛されるとは限らない。
野球によって傷つくこともあれば、野球によってうちのめされることもある。
けれども、彼らの、終わりなき冒険が教えてくれた。
結果ばかりでなく、その過程において懸命であれたのなら、その冒険の数だけ、なにかが、もたらされるということを。
それは、懸命であったかどうかを知る、たった一人の人間である、自分自身の心でしか感じることのできない、誰の目にも見えない、真の勝利という、野球からの贈りもの。
---

2014/06/22 19:53

投稿元:ブクログ

野球ってスポーツは、プレーするに奥が深く、語るに懐が深い。成功した者にも失敗した者にも、チャンスとピンチは訪れる。そこを乗りきった者が勝者だが、敗者にも逆転のドラマがある。そんな男たちの人生をまとめたのがこの作品だ。
「野球が、好きだから」。間にある句点の中にそれぞれの思いがある。♪今日も聴こえる野球狂の詩

2014/05/18 09:21

投稿元:ブクログ

初めて読む著者の作品。かつて栄光に包まれた者たちの逆転の物語。どれも涙なしには読めません。強くお勧め。特にパリーグ審判の平林さんと元駒大苫小牧の香田監督のエピソード。

3 件中 1 件~ 3 件を表示