サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

国家緊急権(NHKブックス)

国家緊急権 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

憲法改正の重大なテーマである

2015/11/20 09:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

憲法改正反対という立場からみて、この国家緊急権規定がない現行憲法を守るには、そんなものを認めたら憲法の自殺だとしか言いようが無くなるんだろうな、そう思って読んだ。
 タブー扱いというか憲法学者にしてみれば不滅の大典である現行憲法は、この規定なしの世界しか想定しないということだろう。でもすまないと思うのがリーダーの役割であろう。
 本書は入門書であり、立憲主義、憲法制定権力だのからきっちり説き起こしている。小室直樹先生の破壊力はないけど、橋爪氏は誰にでもわかるレベルで入門書で核心的テーマを掴ませるのがうまい方である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/11 23:16

投稿元:ブクログ

題は国家緊急権そのものなんだけど、立憲主義とはなんだって根本からのわかりやすい議論がありがたい本。
憲法は国民が政府に与えるもので、憲法を守るのは政府。その憲法以前に憲法制定権力があり、それは主権者のもので、政府がダメダメなら革命を起こす革命権がある。自然法の立場からは人間には固有の人権があり、それを守るために憲法があるが、公共の利益のために憲法違反をすることがある。それが国家緊急権。国家緊急権を発動すると憲法は停止でなく無視されることになるが、期限を定めないと民主主義が死ぬ。また、憲法に国家緊急権を定めるとそれが為政者に言い訳を与えて国家緊急権を発動しやすくしてしまうので、憲法に定めるべきではないとする。
細かい話にはそれぞれ議論の余地があるでしょうが、日本人が改めて立憲主義は何か、民主主義は何かと考えるときに参考になる本だと思います。

2014/05/20 10:39

投稿元:ブクログ

国家緊急権の何が問題か、
・どういう場合に憲法違反とみなしてよいか
・憲法違反をした場合、その責任は誰がおえばいいのか
・憲法違反をした状態から、元の憲法秩序に復帰するには、どういう手続きが必要か。

国家緊急権は軍隊と密接な関係がある。
日本の自衛隊は国際法上の軍である。
緊急時に行動できることが確実なほぼ唯一の機関が軍隊。

2016/02/26 15:28

投稿元:ブクログ

【簡易目次】
第1章 国家緊急権とはなにか 009
第2章 国家緊急権と憲法 021
第3章 国家緊急権と軍隊 037
第4章 国家緊急権と独裁 059
第5章 国家緊急権と安全保障 081
第6章 国家緊急権と経済危機 105
第7章 国家緊急権と緊急事態 127
第8章 国家緊急事態をどう終息させるか 147

資料編 
 I 国家緊急権をめぐる、学説 176
 II 各国憲法の、国家緊急権に関する規定 182
 III 緊急事態をめぐる、日本政府の見解 212
 IV 日本の現行法の、緊急事態への言及 224




【目次】
まえがき [003-004]
目次 [005-008]

第1章 国家緊急権とはなにか 009
憲法/憲法制定権力/革命権/国家緊急権/国家緊急権のなにが問題か

第2章 国家緊急権と憲法 021
政府はなぜ憲法に縛られるか/人権と政府の組織/人権はなぜ、守られなければいけないか/公共の利益は人権を上回るのか/国家緊急権を行使しないことのなにが問題か

第3章 国家緊急権と軍隊 037
軍と警察はどこが違うか/緊急時に対応できるのは軍だけ/自衛隊は軍なのか/戒厳令/緊急時は、「必要なことはできる」/補論・連合軍の日本占領はなんだったか

第4章 国家緊急権と独裁 059
独裁政治は、国家緊急権を必要としない/ワイマール共和国はなぜ独裁政治に移行したか/国家緊急権は、もとの憲法秩序に復帰することを目的とする/議会と裁判所は、国家緊急権をコントロールするか/国家緊急権は、民主主義を破壊するのか

第5章 国家緊急権と安全保障 081
安全保障とはなにか/講和条約と憲法/日米安保条約と憲法/日本国憲法にはなぜ、国家緊急権の規定がないのか/有事法制と戒厳/国家緊急権を、憲法で定めるべきか/戦争とテロは、どちらが対応しにくいか/テロへの対応

第6章 国家緊急権と経済危機 105
ハイパーインフレとはなにか/経済的国家緊急権/アベノミクスはインフレの火遊び/その日、なにが起こるか

第7章 国家緊急権と緊急事態 127
国家緊急権の原則/国家緊急権を法制化すべきか/国家緊急権と、現行の法体系/緊急命令の効力/緊急命令のガイドライン/緊急事態と、抗命権

第8章 国家緊急事態をどう終息させるか 147
憲法秩序への復帰/政府の行動を検証する/政府職員の責任追及/国家緊急権の規定をなぜ、設けないほうがよいか/事後検証をどう制度化するか/政府職員のとるべき道


資料編 
資料編目次 [174-175]

I 国家緊急権をめぐる、学説 176
国家緊急権の定義 176
  A 尾高朝雄  B 大西芳雄  C 小林直樹  D 芦部信喜  E 佐藤幸治
現行の憲法規定をどうとらえるか 177
  一、憲法への明文化を不要として国家緊急権を認める説 177
  F 河原峻一郎  G 高柳賢三  H 佐藤幸治
  二、国家緊急権の規定がないことを法の不備と考え、明文化を要請する説 178
  I 大西芳雄  J 竹花光範  K 新正幸
  三、憲法に緊急権規定がないことを積極的に評価する説 179
  L 影山日出弥  M 山内敏弘  N 小林直樹  O 水島朝穂  P 芦部信喜  Q 村田尚紀

II 各国憲法の、国家緊急権に関する規定 182
  フランス 182
  ドイツ 183
  イギリス 201
  アメリカ 202
  韓国 203
  ロシア 204
  日本 205

III 緊急事態をめぐる、日本政府の見解 212
憲法に国家緊急権が明記されなかった理由 212
現行憲法下における緊急事態立法の可否 213
有事法制と国家緊急権 214
災害時の私権制限 215
緊急事態法制と国民の権利・義務との関係 215
  一、武力攻撃時における国民権利の制限及び義務の賦課 215
  二、徴用、徴発制度が許容される場合の憲法上の根拠 218
  三、災害救助法上の従事命令等の合憲性(制定時の議論) 218
災害時における国会議員の任期延長 220
緊急事態に際して、閣議決定などにより、法律制定と同様の効果を生じきせることができる法律 221

IV 日本の現行法の、緊急事態への言及 224
  警察法 224
  自衛隊法 224
  災害対策基本法 226
  国家安全保障会議設置法 228
  国民生活安定緊急措置法 229


あとがき(二〇一四年二月十五日 橋爪大三郎) [241-242]
参考文献 [244-249]
索引 [250-254]

4 件中 1 件~ 4 件を表示