サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/08/23 01:08

投稿元:ブクログ

網野善彦、安丸良夫、二宮宏之、喜安朗という大家の歴史研究を通して、先行世代が直面していた「戦後歴史学の課題」について、喜安先生の視点から論じられている本。
再度歴史学の社会における「場」を再考する必要を感じさせる。

2014/08/29 09:22

投稿元:ブクログ

歴史学が単なる事実の解明ではなく、人間の本質を追究する人間論思想であることを痛感した。日本中世、日本近世、仏16世紀、仏近代を専門を異にする4人の歴史学者たちだが、共通点は歴史の全体性を強調していること。1972~4年頃が歴史学のパラダイム転換点となったことが各分野で同時多発に起こったようだが、マルクス主義からの脱却ということになるのだろうか。全員が大塚久雄・高橋幸八郎史学の影響からスタートし、そこからはみ出していったことが理解できる。まとめで著者が書いているように。「網野の歴史認識、歴史叙述法を検討することは専門外の歴史研究者にとっても一般読者にとっても可能であるし、必要である」という著者の言葉がこの本の存在意義だと思う。

2 件中 1 件~ 2 件を表示