サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍

価値とは

2015/11/24 08:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saku44 - この投稿者のレビュー一覧を見る

分かつていたけど、改めて学ぶことがありました。
世の中に中小企業がたくさんあり、生き残れる理由がここにあります。ここに記載していることを実践したとしても、まだまだ完成したとは言えないのも、巻末のとおり。ただ、マーケティングの分析は改めてやってみる価値ありと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に惹きつけさせる魅力あるストーリー展開

2016/02/27 18:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

ビジネス理論をコミック仕立でで分かり易く解説してくれて
いるので、普通のビジネス書より納得感を持って知識の吸収
ができます。

巻末に参考文献も掲載されているので、もっと深く学びたく
なったら、こちらを手に取るのも良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/08 07:35

投稿元:ブクログ

最初に書店でこの本を目にしたときの私の感想は

「100円のコーラを1000円で売る方法なんて本当にあるの・・・?」

というものでした。ちょっと気になる題名ですよね。もともとは小説版があったらしいのすが、私は小説版は読まずにコミック版から読み始めました。本はコミックですが、マーケティングという世界からは遠いところにいる私にとって、読み応え抜群の1冊でした。

■事業の定義の重要性

本の前半で、「顧客中心主義」の重要性が語られています。

企業は顧客に商品の価値を提供し、顧客が価値への対価を払うことで企業は存続でき、価値を提供し続けられるのです。顧客を中心を考えることは企業の出発点です。
と説明されています。

ちょっと難しいですよね。本書では「テレビ」を取り上げています。テレビを作る会社は自分たちの事業を「テレビを作る事業」と考えています。でも最近ではテレビの視聴時間は短くなりネットやケータイを見る時間が増えてきています。そこで考えるべきことは「ネットやケータイよりも魅力的なテレビとは何か」ということではないかと指摘しています。

■実は顧客は、自分の課題を知らない

「本当に顧客が欲しいものは、顧客自身もよくわかっていない」本当にそうかなと思ってしまう1節です。お客さんの言う通りに作れば、いいものができる。私もWeb制作の現場で働いているクリエイターなので、そんな風に思いながら仕事をこなしている日々を送っています。でも本当に欲しいのは、お客様自身もわかっていないというのです。

顧客の言いなりにならず、顧客の課題を徹底的に考え、自社ならではの価値を提供するのは、企業に課せられた責任なのです。
と厳しく指摘しています。

■顧客満足の落とし穴

顧客満足は、顧客が感じた価値が、事前期待値を上回った場合に生じます。

成熟した現代社会では、事前期待値を満たしただけでは高い顧客満足は得られません。

こんなことを言われても、じゃあどうしたらいいんだ・・・ってなりますよね。

本書では続けて

価格勝負で勝てるケースは極めて限定される

多機能は価値ではない。顧客の要望をあえて捨てると見えてくるものがある

そこで出てきたのが「バリュープロポジション」という言葉です。バリュープロポジションとは、

顧客が望んでいて自社は提供できるが、競合他社は提供できない部分

と説明しています。自分たちにしか提供できない価値を顧客に提供することが重要なんですね。

■チャネル戦略は、あくまで顧客視点で、パートナーとのWin-Win実現を考える

チャネル戦略とは

社内ですべての業務をこなすのではなく、外部のパートナーと協業し、商品を顧客に届けるチャネル全体を最適化する戦略

と説明されています。
どんどんマーケティングぽくなってきました。自分たちの都合を相手に押し付けるのではなく、パートナーと自社がWin-Winの関係となり一体となって顧客の課題の解決を目指すべきなのです。

■「100円のコーラを1000円で売る方法」

本書も終盤に差し掛かるころで、いよいよ書名にもあった、

「100円のコーラを1000円で売る方法」

について、具体的な事例が紹介されています。

私はここを読んだとき、

「なるほどね~~」

と素直に感心してしまいました。
ここまで読んできた人の中にはもしかしたら、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか?ヒントは「プロダクトセリング」と「バリューセリング」です。気になる人は、本を買って読んでみましょう!

2014/07/26 11:57

投稿元:ブクログ

マーケティングの基本・押さえるべきポイントを簡単に手早く理解できてよい。
マンガなので多少疲れている時でも読み易く、短時間の電車移動時にも1トピックを読了できる点もよい。

商品企画に携わらない人でも、自社の商品が、誰を顧客として設定し何を解決するものかを整理、再確認するための基礎知識を習得できると思う。

2015/08/17 22:18

投稿元:ブクログ

同僚から借りた、基礎的なことは書いてあるが、これがいわゆるMBAなんでしょう。
戦略は大事なのだが、戦略を実行にうつすのが大変だと身にしみている今日このごろ。

2016/04/03 18:11

投稿元:ブクログ

コミックなので読みやすかった。
用語、概念としてはわかっているつもりでも、
ストーリーから再確認してみると、
実ビジネスではうまくその理屈を活かしきれていないなと感じた。

2015/10/01 01:42

投稿元:ブクログ

わかりやすいし、漫画で面白く読める!
私も、こんな役立つし面白いと思える漫画描きたいと思ってしまいました。←イラスト・漫画かくのすきなので

2016/04/01 12:27

投稿元:ブクログ

 マーケティングについて興味があり導入的にコミック本から読んでみた。内容としては、「製品思考(価格)」より「市場思考(価値)」かつ、顧客の言いなりになることなく互いにwin-winの関係を築くということについて述べており、本書にもあるように内容に一貫性があるから読みやすかった。聞けばわかるけど言われないと気付かないようなことが多く、そこではマーケティング用語も使用されていたが図解付きで解説してくれているので、あまり引っかからずにすらすら読めた。コミック版の良い点はやはり読みやすさであるが、逆に悪い点を挙げるとすらすら読めるだけあって、読み終えたときに内容があまり頭に残っていないと感じた。しかし、それもあって原作も読んでみたいと思えたし、なによりマーケティングにさらに興味を持てたので、私のような素人が最初に読むマーケティング本としては良本だと思う。

2016/11/07 23:25

投稿元:ブクログ

ヒットしていた頃に原作が気になっていて、中古でこちらを見つけたので購入。
うーむ、マンガが下手い。他のコミック版ビジネス書も読んだことがあるけど、やはりビジネス書とはいえ、マンガの上手い下手は大きい。
マーケティングの本はいくらか読んでるけど、この本が特別わかりやすいかというと、そういうわけでもなく…。むしろ原作を読むべきだったかもしれない。

9 件中 1 件~ 9 件を表示