サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

昔話のできるまで (ヤングジャンプ・コミックス)(ヤングジャンプコミックス)

昔話のできるまで (ヤングジャンプ・コミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2014/05/28 21:47

投稿元:ブクログ

“「不用心だよひな子さん こんなところで寝て」
「ここが一番涼しくていいんだもん 誰も来ないよこんなとこ」
「誰も来ないから物騒なんだろ そんなすぐパンツ見えそなスカートでさー」
「ショーパンはいてるから平気だって」
「はいてなかったよ?」
「何で知ってんの」
「さっき見たもん」”[P.4_昔話のできるまで]

「昔話のできるまで」
「がんばれ!漫画研究会」
「まほうつかいと少年」
「強いのだあれ」
「ザンネン アンド ドラゴン」
「孤児院戦闘団」

アオハルで絵柄が好きだったので。
女の子の体のラインの流れが特に。

“「教えて!できるだけたくさん
そして あたしたち全員が助かる方法!」”[P.128_孤児院戦闘団]

2014/05/24 00:38

投稿元:ブクログ

あああこの人の戦記ものが読めるなんて長生きはするもんだ。丁寧でいて過剰じゃない心理描写、この実力派にして過剰な蘊蓄とディテールという独自性。それに少年少女のイチャイチャ。もっと確とした位置にいていい作家だと思うんだけどなあ。

2014/10/09 20:51

投稿元:ブクログ

日本神話の話だっていう表題の作品が気になって、初めてこの人の作品を読みました。
絵がうまいなあと思いました。
それぞれの作品がとても淡々としていました。
かつ、くそマニアックでした。
他の作品も読んでみたいと思いました。
面白かったです。

2014/05/21 18:42

投稿元:ブクログ

2014 5/20読了。Amazonで購入。
『がらくたストリート』の山田穣最新刊。
例によって作者の好きな要素をつぎこんでいって作っているような短編集。
メガネと巨乳と神話と戦車と、とか。あと細マッチョ。

2014/07/20 21:42

投稿元:ブクログ

言うまでもないが、漫画と言うのはオリジナリティが大事だと思う
この作品は、短編集ってジャンルだからか、そこは定かでないが独創性を十二分に感じられた
もちろん、これだけ、作品が詰め込まれていれば、合う合わないはあり、満点とも行かないが、それでも質が高いってのは確かだ
次回作も連載よりは、世界観が独立している短編集であったら嬉しい。もちろん、どこか一部分で重なっていて、最終的に繋がっていたって事が判る連作でも大歓迎
『昔話のできるまで』・・・ファンタジー色の強いラブコメ? 何だかんだで、相思相愛で将来を決めている少年少女が微笑ましい
『がんばれ!漫画研究会』・・・漫画の描き方を指南しているのか、プロレスの美しさを叫んでいるのか、肉体改造の素晴らしさを説いているのか、はたまた、マニアックな性癖を持つ女子を応援しているのか
『まほうつかいと少年』・・・魔に関わっているから冷酷なのか、それとも、永遠の少女だから惨酷なのか
『強いのだあれ』・・・高名な昔話を、現代風にアレンジしてるっぽいので、結構、好き。結局のとこ、自分に本気で惚れてくれている奴の隣に収まれば、めでたしめでたし、か?
『ザンネン アンド ドラゴン』・・・この一本が、一番に好き、と言いきれる。多感な時期の少年少女の恋とも言えない感情、間柄は大人の心を実にくすぐる。龍が、正に龍って感じなトコも、好きと言える理由
『孤児院戦闘団』・・・子供が戦車で敵を撃破するってのはちょっと刺激が強いが、戦闘シーンは真実に迫るトコがあり、ある意味、戦争の愚かさを浮き彫りにしている
帯に偽りなしってだけでも、買って一読する価値は十分にアリ!!

2014/05/25 17:30

投稿元:ブクログ

完全に作者の趣味。

キャラが可愛い。

ちょっとうんちくが多すぎる話もありますが、面白かった。

連載して欲しい。

2014/09/06 22:01

投稿元:ブクログ

コーヒーブレイク本。

土地神、めがね娘、まほうつかい、神話、神獣、カンプフグルッペと、それぞれ異なる時と場所で少年少女が過ごした、とある日々を描いた短編集(2014/05/24発行)。

本書は、全て一話完結の6編からなっており、どこかホッとする内容となっています。
特に一番ラストの話"Kampfgruppe Kinderheim 孤児院戦闘団"は重いテーマにもかかわらず、ほのぼのとした感じでホッとさせられます。 只、このエピソードのみ描き込みが雑で、作画が今ひとつなのが残念でした。

2015/12/07 13:57

投稿元:ブクログ

男の子の好きなものを詰め込んだ短編集と言うことでしたが眼鏡巨乳に頼りすぎな感はありますがとても面白かったです。 とても夢のある短編集だったと思います。

8 件中 1 件~ 8 件を表示