サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

CLAYMORE 26 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

CLAYMORE 26 (ジャンプ・コミックス) みんなのレビュー

  • 八木 教広 (著)
  • 税込価格:4324pt
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2014/06/04
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

最終ページに!

2015/12/06 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なな - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに大詰め、という空気が満載のなか、この巻の最後で身震いすること間違いなし!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ようやく『大きな間違い』の正体に気づく

2015/09/24 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ショコラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

危機になると妖気を暴走させて覚醒しようとばかりしてた主人公はようやく、
以前に指摘された『大きな間違い』に気づく。

1巻からずっと読んでると、ここですべてがつながります。
感動的におもしろいです。最高!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

27巻を早く見たくなる

2015/08/30 19:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤシチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

イースレイがラキに託した一撃がプリシラを貫くシーンでは、遥未来を見渡していたイースレイの先見の明に驚かされます。
また、これ程強くなってしまったプリシアと決着をつけるのは「微笑のテレサ」しかいないというところで、こんな形でテレサを登場させるとは、いよいよ感が高まり、一気に27巻へと行きたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/05 10:31

投稿元:ブクログ

クレアの血肉になったテレサが、ついに形となって現れてくれる展開に、次巻の期待が膨らみます(^^)長かった・・・・。

2016/10/22 10:03

投稿元:ブクログ

あくまで私見だ死に際のじじいの戯言だと思ってくれていい 命を蹂躙される 至幸至福の… 私は貴方を斬り刻む事に何の躊躇いも無いの でも翻せばその技には一瞬のためがあるって事よね。そして出し続ける時間にも限度がある 茫洋な距離を理解した 言い方を変えればそれまで軽かった命が本来の重さを取り戻したともいえる 私はあの時のやり直しをしたかっただけなのかもしれない …私が許せなかったのはあの時…怒りより恐怖に支配された自分…ただ震えて泣く事しかできなかった自分自身…だからやり直したかったのだあの時を…愛する者を殺されその者を胸に抱き怒りのまま挑んでいく自分の姿を…倒す事が目的ではない例え殺されても相手に向かっていく事こそが全て それが情なのか戯れなのかは知らないが…そこがお前とその他の者達との大きな違いだ その動きを落とすことなく身体に筋肉の鎧を纏え今のままでは細すぎる 一度斬られてからがお前の戦場だ 永遠にも思える一瞬 ある意味イースレイが最後に託した一撃だったと言えるかもな 覚醒してもロマンチストね…男共は… クレイモア大剣 上に立つ者が時には非情にならなければいけないというならミリア隊長はその器ではないのかもしれません…でも私はそんな隊長が大好きでした…だから私の事で自分を責めたりしないで下さい…私はこうして隊長の剣になれた事が何よりの誇りです タバサ オクタビアの顔が 一気呵成に攻めるぞ クロノス どいつもこいつも簡単に取り込まれやがって… 私が知るべきはルシエラとラファエラの成功と失敗…私がすべきはそれら全てを礎にしてラファエラの役割を担う事…覚醒するのは私の中のもう一人

2015/02/16 19:33

投稿元:ブクログ

プリシラが人間の姿でラキとバトル!
もち、
プリシラの勝利!

クレイモア達と人型のプリシラのバトル開催!
そこに、
カサンドラと覚醒者達が乱入!
そんな混戦の中においてクレアとまさかのラキがプリシラをしとめる?!
つか、
プリシラがカサンドラ食べちゃった!

どうしようもない状況になって「?」
まさかのクレアの覚醒ですか?
あれ?
なんで?!

2014/06/04 20:49

投稿元:ブクログ

ラストページに驚愕。懐かしさが溢れる。今までの諸々の伏線はこのためだったのかぁ。
大きな間違いの意味も分かって、戦いの本番はこれからなのに妙な満足感w

2014/07/28 16:50

投稿元:ブクログ

ようやっと、購読できた! 熱い!
ラファエラとルシエラが誰だったか忘れていたけれど、ああ、あの姉妹の……! と思い出したら、作品の奥深さにしみじみしてしまった。内容がぎっしり詰まっているから、26巻なのにもう39巻分くらい読んできた錯覚すら覚える。

2014/06/13 08:55

投稿元:ブクログ

ラストの1Pでついにあの方が!!
ラストの衝撃で全部もっていかれた感じになりました。
前々から双子の女神像が出ていたのでもしやとは期待はしていましたが…
ラキが本当にたくましくなったのもよかったです。
次巻も楽しみです。

2014/06/28 05:05

投稿元:ブクログ

毎回、最後のページでドキドキさせる。次が大変気になる展開!終わりが待ち遠しいけど、まだ彼女たちの戦いを見ていたい。

2014/10/24 00:20

投稿元:ブクログ

完結したのでまとめ読み。
恩人というか家族の仇がラスボスか。途中に紆余曲折があるけど、長く感じた。
顔がもう少し書き分けられているともう少し読みやすいか。
それでも連載の最初から読んでいたので感慨深い。
ラキが倒れた後にプリシラに一撃を加えるのとか、タバサがミリアを殴るところとか、テレサ復活とか燃えるシーンが多い。

11 件中 1 件~ 11 件を表示