サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

荒野に獣 慟哭す コミック版 2(徳間文庫)

荒野に獣 慟哭す コミック版 2 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/06/29 21:13

投稿元:ブクログ

第一巻の感想でも書いたが、やはり、この漫画は総合的なバランスに優れている
尾田栄一郎先生の『ONE PIECE』、藤田和日郎先生の『からくりサーカス』、鈴木央先生の『七つの大罪』と肩を並べられるほどであり、全体的な熱量も匹敵する
しかし、当たり前の話だが、伊藤勢先生でなければ、夢枕獏先生の『荒野に獣慟哭す』を、ここまで質の高い漫画に引き上げられなかっただろう。上に挙げた先生3人、他の超一流が同じ原作でコミカライズしても、私は恐らく、心が震えない
このタッグだから、私はこの作品を大好き、と自信を持って言えるのだ
また、この巻から、薬師丸法山が姿を現し、猛威を奮う
まぁ、ともかく、どんだけ個性が強いんだよ、って全力でツッコミたくなる、アクがありすぎる、おっさんキャラ
最強、その陳腐な使い古した一言で紹介が済んじゃう、桁違いな戦闘力を、見合った巨躯に秘めているんですけれども、他作品に登場する「最強」とも、当然ながら違う
『刃牙』シリーズの範馬勇次郎、『北斗の拳』のラオウ、『ザ・松田 超人最強伝説』の松田さんとも違う
ともかく、スケールがデカい
先巻の安底羅とのヘリ内での会話から判るように、他人をイラッとさせる茶目っ気がある一方で、あらゆる命を等しく扱う無慈悲さ、独覚兵・宮毘羅となった御門と互角に殺り合い、その上、軽々とあしらう強かさを持っている
清々しいまでの極悪人過ぎて、逆に、その生き様は真っ直ぐで、憧れてすらしまう
他の「最強」同様、強さの底が見えず、型に嵌らず、なおかつ、その点が顕著。型に嵌らないから強いのか、強いから型に嵌らないのか
ある意味、人間以上、独覚兵級の実力を持っていながらも、作中で最も人間らしさを喪失してない人間
ちなみにだが、私の中で、何気に森ちゃんこと、波夷羅は好感度が割と高い

1 件中 1 件~ 1 件を表示