サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

恋情の果て

恋情の果て みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/06/10 14:40

投稿元:ブクログ

【収録作品】退屈の虫/寒紅/雁の帰る日/哀怨花火/恋情の果て/三年目の菊/捨てた女/困ったやつ/伊勢町堀/秋の扇/師走の風/朧月夜

2014/07/05 09:52

投稿元:ブクログ

1975年から2007年までに「小説宝石」に載った作品を集めた短編集。長編かシリーズものの一部のような込み入った設定のものもある。

「師走の風」は「昨日の恋 爽太捕物帖」の中の一篇。このシリーズは,鰻屋の養子で若旦那なのに,逃げた鰻に「追いかけられて」店の外まで逃げ出すような爽太のキャラが好きだったのですが,2巻で終わりになって残念でした。久しぶりに会えて懐かしかったです。

2014/07/17 22:02

投稿元:ブクログ

L

江戸時代のこの手の女を描かせたら天下一品。もう新作を読めないのは残念だけれど、目にしていないものがあるなら漁って読みたいほど。
いろんな立場の女たちの慕情。

爽太。なんども読んだ「消えた人達」と「昨日の恋」だけに、キター!的な。当然主役は女だけれど、爽太シリーズは嫁のおふくのからみといい秀逸なので、この短編をきっかけに是非読んでいただきたい。
北原作品で岡っ引きってこれだけかな?

おんな。
恋い焦がれたり、恨んだり、吹っ切れたり、忙しい。

2014/06/19 20:46

投稿元:ブクログ

様々な女心を鮮やかに描いていて、とても面白い短編集だった。しかし、ちょっと題名があんまり良くないような気もする。

2016/11/21 23:49

投稿元:ブクログ

この短編集に出てくるどんな女の気持ちにも、多少なりとも心当たりがある。

読みながら、女の周りには「どうしようもないこと」ばかりで、みんなそれと折り合いをつけながら生きている、と思った。

5 件中 1 件~ 5 件を表示