サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/01/04 23:04

投稿元:ブクログ

 理研 野依氏の霊言。小保方氏の霊言への反論として収録された。
 彼の「化学はマナー」という考え方にも一片の真理あり、とは思う。しかし、「マナー」が全てではない。「マナー」がなっていない若手の成果に嫉妬し、これを横取りしようとする構図が、この本からよく見える。本書の内容を要約すると以下のような感じ。

 ・STAP問題に関して箝口令をしき、一人の責任にし(しっぽ切り)ようとしたのは野依氏
 ・STAP細胞はインチキ、偽装であると断言
 ・小保方氏は渡り鳥であり、正当な研究者ではない(※任期付であった点に関して)
 ・小保方氏に対して、「生意気だ」「教授になってからやれ」との嫉妬の言葉。実際に、小保方氏抜きで理研としてSTAPの再現をしようとしたが、小保方氏がレシピを公開しないのでかなわなかった。
 ・なお、iPS細胞の山中氏に関しては嫉妬していない。
 ・野依氏自身は湯川秀樹をついで、京都大でノーベル賞を取りたかった。
 ・S副センター長に対して「お前クビになりたいんか」と脅していたのも野依氏。
 ・病気が克服される、人類の文明が進むということは、野依氏にとってはどうでもいいこと。
 ・自らを科学の神と称するが、死んだら終わりという発言もする。自信が守護霊であることを理解せず「野依の思考である」と称するなど、霊的な知識に乏しい。
 ・S副センター長が自分を裏切るのが怖いと発言

2014/04/29 19:15

投稿元:ブクログ

ノーベル賞受賞者とも言えども、この世のみの狭い視野では、後の世に汚点を残すということか。自己顕示欲を抑えて、大いなる視点で考える事が、自分を大きくするという、逆説的な事が実際の自分の事として理解できるか?自戒の書としたい。

2 件中 1 件~ 2 件を表示