サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2015/05/19 19:49

投稿元:ブクログ

ニーチェが生涯で辿った各地の美しい景色を、その膨大な数の書物の中から名言とのセットで紹介していく。
ニーチェ研究家の白取さんの翻訳が実に上手いだけでなく、現代人の心の支えとなるような名言の選択もまた見事である。
手元に置いて何度も読みたくなるような一冊。

2014/06/26 09:24

投稿元:ブクログ

写真がきれいで買ってしまったけど、その分活字が少ないです。居間に置いておいて時々パラパラ眺めるのに最適。

2015/04/02 07:13

投稿元:ブクログ

色々な自己啓発系の本に影響を与えている、ニーチェの言葉をまとめた本。
見覚えのある内容の言葉ばかり。

ビジュアルブックということで、ニーチェが旅した場所の写真が添えられていて、旅に出たくなります。

いやしかし、ニーチェって最後は精神崩壊してしまったんですね。。。
それを知ると、これらの考え方が良かったのか悪かったのか、判断に困ります。

2015/08/18 09:37

投稿元:ブクログ

人は
今よりも未来を心配する生来がある。

で、
保険をかけたり
貯蓄をしたり
遺言を残したり。

とにかく保障が大事。
保障があれば
安心。
とにかく一安心。

でも、ニーチェの勇気の言葉を読んでいると、
積み上げてきた保障なんか
何の意味も持たないものだ、という気もしてくる。

今を生きないでどうする…
今、
ドクドクと脈打ってるこの体だけが唯一の真実。

死後の事なぞ、
考えている暇があったら、
もう一度、今の人生を繰り返して生きたい!
と、思う様な生き方をしてみよ…

そう問われて自分、
(もう一度本当に自分でいいだろうか…)

ニーチェの至言集、
事あるごとに開いては、たまにお叱り頂きたい。

2015/06/03 14:14

投稿元:ブクログ

ニーチェ関連の本は興味があったけれど敷居が高い気がして未読だったのですが,写真のきれいさにつられて初めて手に取りました.
これは保存版ですね.旅したくなる,もしくはしている気持ちになれる写真に,仕事に打ち込むこと,人のために動いて喜びを得ることなど,染みます.

2014/10/31 19:02

投稿元:ブクログ

ニーチェの端的だけれど、深く心を打つ言葉を集めた一冊。
美しい写真とともに収められた言葉の数々に感銘を受けました。

2014/06/30 02:29

投稿元:ブクログ

普段、このような本を読まないのですが
偶然手に取り、一気に読みました。
一文が短いのでスッと入りやすく
今の自分を振り返りながら。
私に足りないものは何か、
何がしたいのか、
何を求めているのか、
考え直す大きなキッカケになりました。
出会えて良かったと心から思えた一冊です。

2015/12/13 22:20

投稿元:ブクログ

 絶景を見る時の解放感、本書からはそれが得られる。ニーチェは人を外へ連れ出す。それは私たちが行きたくも気が引けていた新しい世界。その世界に触れた時、旅人がまた次の新世界を求め出すように、ニーチェが創り出す景観は生気を産み出し、人を次の冒険へといざなう。

 人は現状を好む。それが例え絶望のただ中にいたとしても。新しい自分になる事は常に疎ましい。しかしニーチェは好んで外に出る。新しい力が注ぎ込まれ、次の自分になる準備が整う。

 誰でも新しい自分を夢見る。しかし夢の責任を引き受けるものは稀有だ。だがこの物語はそれを迫る。今ではない外の世界へ。希望への旅へと一歩、踏み出させる。

http://naniwa1001.blog108.fc2.com/blog-entry-262.html
今回は同じ内容ですが、こちらのブログにもお越しいただけましたら幸いです。

8 件中 1 件~ 8 件を表示