サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/01/28 21:33

投稿元:ブクログ

日中戦争は侵略かどうかで議論があるが、安倍さんたちはそうではなかったと言いたいのだろう。その根拠となるべき事実をあげて論じているのが本書である。本書は「支那通」軍人佐々木到一の中国とのかかわりを軸に書いているが、これを読んでいくと、中国の軍隊はどうしょうもなく、日本人居民にたびたび危害を与えていて、日本の軍隊が出動するのもやむを得ないような気になってくる。たしかに、昔中国語を習ったとき、「よい人は兵隊にならない、良い鉄は釘にならない」ということわざを習った記憶がある。中国の軍隊というのはつまるところ傭兵―給料でやとわれているわけで、どこかの街を落とした時には、しばし、略奪させるのが常識だったようだ。そういうわけで、蒋介石の北伐軍が北上したときも、あちこちで略奪強姦を繰り返していて、それが日本居民にまで及んだということであろう。日本軍は中国のあちこちで略奪強姦放火を繰り返したと言われるが、「通州事件」や「南京事件」における日本人虐殺を含め、中国軍も同じかそれよりひどかったことがわかる。人はみなそういう状況に置かれると、往々にして残酷になるのである。たしかに、日本人はへたないいわけをせず、潔くするのを尊ぶが、中国人はねっからの外交官と言われるように、宣伝がうまかった。それは抗日の中心であった国民党だけでなく共産党も変わらない。それに外国の人たちはまんまとのせられ、日本が悪者になったところもある。言い換えれば日本人は単純だったのだ。帝国主義列強の仲間に入ろうとしたが、周りは一枚も二枚も上手だったというしかない。別の言い方をすれば、外交がまずかったから、武力にうったえざるをえなかったということになろう。本書を読みながら、そんなことを考えた。

1 件中 1 件~ 1 件を表示