サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

黒猫のひたい

黒猫のひたい みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/05/08 11:35

投稿元:ブクログ

高橋千尋の装画が素敵。。。

幻戯書房のPR
http://genkishobo.exblog.jp/20587733/
井坂洋子「黒猫のひたい」装幀確定 : 幻戯書房NEWS
http://genkishobo.exblog.jp/20679764/

2014/11/18 10:46

投稿元:ブクログ

井坂洋子の詩「朝礼」をインターネットで読んで、ぜひ詩集がほしいと本屋で探したが見つからない。詩集は諦めようと思っていたころこの本が出版されていた。エッセイだけど同じ作家だし、読んでみようと手に取った。
詩人のことや、孤独、人の死、猫の死についても語られていて、エッセイひとつひとつに温かい視線、描写の数々がやさしく届く。
「死と詩と」で語られた、金子光晴の言葉に対して、「なまなましくうつしとる以前になまなましく感じ取らなければならない」という言葉が印象にある。
普通に暮らしていれば通り過ぎてしまうあれこれをきちんと見つめる。それを掬い取る。うつしとる。そういう作業の繰り返しが新しいものを生み出すのだと思う。
次は、作者の詩を読みたい。なまなましく感じ取ったこころで紡がれた、乾かず色褪せない詩を読みたい。

2014/06/14 14:13

投稿元:ブクログ

初めて読む作家。序盤は良かったが中盤あたりから失速。花屋を舞台にしたミステリーという事もあり、花の話が多い。しかし、それがずっと続くためかどうでもよくなってくる。人体の不思議的な話もあるがなんかなーと思ったり。文章はしっかりしているので構成とかをもう少し、見直してほしい気もする。

3 件中 1 件~ 3 件を表示