サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/08/09 19:27

投稿元:ブクログ

この小論文集は純朴正攻法の哲学書というより、哲学(史)「についての」哲学書である。このローティさんの主著とされる『哲学と自然の鏡』も、未読だが、同様の本であるようだ。
最初この書名から、プラグマティズムないし、その結実であるアメリカ文化を批判的に考察したものかと思ったが、逆で、著者はプラグマティストであって、近代西洋哲学伝統の「観念論」や「実在論」を批判し、それらを脱する第3の道としてのプラグマティズムを奨励する、というのが主旨である。著者のこの主張は「序論」に最もよく現れている。
ずっと読んでいると要するにローティさんはデューイが大好きで、「みんなデューイを読め」とだけ言っているように感じた。
私もデューイは幾つか文庫本を読んだ限りでは好きだったが、大型の著書は文庫化されておらず、よく知っているとは言えない。
プラグマティズムと米国文化史とが、どのようにリンクしてきたかということに私は興味があるのだが、この本ではそんなことは触れられていなかった。
デューイは、もっと読んでおこう。

1 件中 1 件~ 1 件を表示