サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

スピノザ『神学政治論』を読む(ちくま学芸文庫)

スピノザ『神学政治論』を読む みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/06/29 20:02

投稿元:ブクログ

読了。
タイトルの通り、スピノザ『神学政治論』を読み解いた一冊です。スピノザといえば現代に至るまで陰に日向に強い影響力を持つ大学者、主著『エチカ』は別格としても、『神学政治論』も彼の思想を知る上では欠かせません。

本書の読みどころは何といっても『神学政治論』の解釈にあります。『神学政治論』は発表当時から無神論との誹りを受け、近現代の解釈でも神を否定するための戦略的な著作とされてきました。

ですが著者はそれは誤りだと断言します。
著者は言います。スピノザは「普遍的信仰の教義」が真実かどうかは問題としていない、そして同時にそれが文法的に正しく、有用であるがゆえに肯定すると。
上記が示されるくだりはとにかくスリリングです。知的刺激に富む、とはまさにこれだと言わんばかりの読み応え。ページをめくる手が止まらないのは久しぶりでした。

著者の論理に賛成するにせよ、反対するにせよお勧めの一冊です。
なお、スピノザの主著である『エチカ』の読み解きについては、同著者の『スピノザの世界―神あるいは自然』(これは名著!)がお勧めです。是非。

1 件中 1 件~ 1 件を表示