サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 暗黒事件
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

暗黒事件(ちくま文庫)

暗黒事件 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/10/27 01:35

投稿元:ブクログ

ミシュが最高。最後のミシュがXXされる場面では涙が出そうになった。ミステリー仕立ての歴史小説という趣。ナポレオンやタレーランも登場する。バルザック作品の中でも「ゴリオ爺さん」よりもこちらの作品の方が私は好みだ。最後にちょっとカメオっぽくラスティニャックが顔を出した。

2015/08/26 21:44

投稿元:ブクログ

「暗黒事件」「あん こく じ けん」なんとも人目を惹きスケールの大きく、しかしユーモラスな余裕も感じさせる題名ではないですか。

★★★
ナポレオン帝政期のフランス、恐怖政治は越えたが、国内は王党派、共和国派、皇帝派入り乱れる時代。
名門貴族のロランス・サン=シーニュ伯爵嬢、ユダの仮面を被った忠義者の土地管理人ミシュ、ロランス嬢に愛し愛される双子の従弟シムーズ家の青年貴族たち、ロランス嬢の後見人ドートセール夫妻とその二人の息子たち。自分たちの権利を復権させようとする彼らはある陰謀に巻き込まれる。

伯爵家に遺恨を持つ現土地管理者マラン、冷酷な陰謀家の密偵コランタンに陥れられた伯爵嬢は、ついに戦地のナポレオンに直訴へと向かい…。
★★★

前半は青年貴族たちと敵対する人物たちの駆け引きが冒険小説的、
途中で当時の青年貴族の風習や、若者たちの可愛らしい恋の情景が描かれ、
中盤は丁々発止の裁判描写、
終盤はナポレオンやフーシェたちの駆け引きまで加わり、
そして最後は三十年後に明かされる一つの真実…と最後まで盛沢山です。

ヒロインはロランス嬢ですが、主人公的なのはミシュのほうか。怒りに燃えつつ純粋な魂を持ち豪胆で自分が誤解されることも自己犠牲も厭わないなかなかな人物。

ロランス嬢はもともとも意志の強さに加えて逆境こそ強さを発揮する女性。もっとも彼女も芯の強さを発揮できなくても平穏に過ごしたかったでしょうけれど。

巻末の訳注や解説が充実しています。
訳注には「この場面はのちに重要な意味を持つ」とか、
”鳩の翼”という髪型に対する訳注が「この人物は禿げ頭と言うことを表している」とか(画像検索してみたが見つけられず)、
丁寧と言うか目線が面白いというか。

2016/01/31 09:30

投稿元:ブクログ

このバルザック・コレクションは、とにかく表紙のデザインが素晴らしい。三巻と言わずに、もっと刊行してください!

3 件中 1 件~ 3 件を表示