サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー62件

みんなの評価4.0

評価内訳

62 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

相手のいないトランシーバー

2015/08/23 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

心がざわざわします。社会は学校は異物を排除する、そのくせ一番を競わせる。無垢は周りを傷つける?人はそれを恐れるのか、だからといって裁かれる必要はないのにゆるそうとするやさしさは見当違いで押し付けがましい。誰も悪くはない、誰もが相手に無関心なだけ、そして無垢な彼女すら自分に向けられた視線に気が付かない。相手のいないトランシーバーが全てを象徴していました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あみ子の愛おしさが刃のように刺さる

2016/10/26 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:390 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも純粋でまっすぐなあみ子。読み進めるうちに「あみ子はそのままでいいんだよ」と応援してしまう。あみ子が大好きになってしまう。…無責任に。あみ子はまっすぐに生きているのに、それだけなのに、日常は歪んでいく。なぜか周囲の人々は傷ついていく。そして、あみ子への愛おしさが「刃」となってこちらに向かってくる。小さな頃、無知で残酷な子どもだった自分の姿が思い出される。愛おしいのに痛い――。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な味

2017/07/10 23:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

あみ子がヤバいのです。前歯が3本ない。お腹が空いたら下校する。好きな同級生の名前を知らない。授業中に歌い出す。学校や家族から見て見ぬふりをされ、それでも気にせず生きている。

そんなあみ子の生き方を首をかしげながら読んでいると、逞しさとは何かを教えられている気がします。

町田康さん、穂村弘さんのダブル解説付き。また癖のある二人を解説に選んだものだ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなかない着眼点の短編集

2017/08/24 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしけん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の周りにいたら、ちょっと対処に困ってしまう。そんな女性を正面から捉えた、なかなか稀有な短編集です。読んでいるうちに、なんだか本当にいたたまれない気持ちにさせられることが多く、読み終わるのに大きなエネルギーを要しました。自分の性格によるものなので、一般的に読んだ皆さんが同じような感想を持つとも思いません。その点において、controvercyな主題を取り上げた作品と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こちらあみ子

2017/11/04 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomtom - この投稿者のレビュー一覧を見る

併録の「ピクニック」は謎の集団心理みたいなのが描かれてて、印象的でした。職場の新人の恋バナに皆が引き込まれていって…。
その新人はちょっとおかしな、クセが強いオバサンって感じなんだけど、周りも過剰なほどノっていくんですよねぇ。
芥川賞候補の常連さんみたいですけど、受賞は時間の問題でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心がざわざわする話

2017/10/25 19:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんな切ない。

子を失った傷が癒えぬままあみ子の行動に心を病んだ母。
破綻した家庭で誰とも向き合おうとせず淡々と過ごす父。
幼い頃から大人の気遣いをし、妹を思い、戦うことを選択した兄。
望まない一途な思いに追い詰められたのり君。
あみ子の真剣に触れて言葉を飲み込んだ坊主頭の少年。

自分の思いだけに素直に生きてきたあみ子は「知ること」に決めて、大人になった。

最初に読んだときは嫌な気持ちになった。二度と読みたくないと思った。
二度目に読んだとき、少し好きになった。
何度も読み返した。
読むたびに少しずつ好きになる気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/11 06:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/26 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/23 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/22 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/30 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/23 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

62 件中 1 件~ 15 件を表示