サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

メチャクチャ楽しいロールプレイングゲームを一本クリアした満足感に浸れます

2016/04/01 10:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

スピルバーク監督が本作映画化で日本人俳優を探しているだとか、作家山本弘氏がビブリオバトルで本作をチャンプ本にしたとか、本作の翻訳者があの池田真紀子さんだとか、いろいろと気になっていた作品だったのですが今まで何故か機会がなく読み逃しておりました。読了した今はもっと早く読んでいればと猛烈に後悔しております。

化石燃料をほぼ採り尽くされた未来。世界の先が見えない不安と厳しい現実から逃れるため人々はOASISシステムという仮想世界につながっていた。そこでは学校から行政まで現実世界で出来ることはもちろん、何千という世界が存在しており、金さえ払えばどんな世界にでも行け、いろいろな体験ができる夢の世界。ところがOASISの創設者にして天才プログラマのハリデーが亡くなり遺言が公開された事からOASIS世界で彼の「イースター・エッグ」探しが始まる。何故なら遺言には「エッグ」を見つけた者に彼の全財産をすべて譲るとなっていたからだ。そして全世界が彼の「エッグ・ハント」に乗り出して五年が経過した現在から話はスタートする。主人公のウェイドは、母子家庭に育った一人っ子。たが母親が早くに亡くなり叔母のトレーラーハウスに身を寄せる高校生。彼は社会の底辺で生活しているのですが、ある日未だ誰一人として解くことができなかった「エッグ・ハント」の最初の謎を解いてしまい一躍有名人となってしまう・・・。

まずは見事に嵌まりました、メチャクチャ面白いです。読み始めるとやめ時がわからず久々に徹夜で上下巻を一気読みしました。とにかく日米の80年代サブカルチャーがテンコ盛りで音楽、映画、ゲーム、TVの話がこれでもかとうぐらい出てきます。特に最後のクライマックスシーンでの日本のオタク度が半端ない。とにかくオタク心をくすぐるストーリーでホントに最初から最後までニヤニヤしっぱなし。かなりマニアックな話ではありますが、どなたでもわかるように解説されているので困ることはありません。(知っていると数倍盛り上がれますが)仮想世界が舞台ではありますが現実世界もバランスよく描かれており、恋あり、冒険あり、謎解きあり、ゲームあり、映画あり、音楽ありとエンターテイメントがぎっちり詰まった作品ですので読み出したら寝不足になること間違いなしです。

私の中では映像化するならピクサーやデイズニーアニメ向きかなとは思っておりますが、実際には実写版のようですね・・・どちらにしろ原作に忠実に作るなら日米の版権問題をどうクリアするのかが非常に気になります。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルに騙されるな

2015/11/22 14:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らい - この投稿者のレビュー一覧を見る

仮想現実の世界を舞台に描かれる作品は数多あるが、ここまでツボに入った作品は無い。
爺世代には手に取りにくいタイトルではあったが(汗)、出会えてよかった。

スピルバーグが映画化するらしく、主人公が住むスタックパークの造形が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/26 10:28

投稿元:ブクログ

軽めのSF。映画化も決まっているんだそうだ。
OASISというバーチャルネットワークの世界を構築している巨大企業の創設者が亡くなり、OASIS内に隠されたイースターエッグを最初に見つけたものに会社の全てを譲り渡すという遺言が残される。主人公らは巨大企業を相手にイースター・エッグハントに出かける、というストーリー

80年代のゲーム、音楽などが頻出で、エッグハントの謎解きもゲーム世界がベースになっている。音楽は多少わかるし、ゲームもパックマンの裏ワザを駆使して満点を出す、というぐらいならまだついていけるが、ゾークとか、あまりメジャーでない(?)ゲームについて喜々として語られるような内容は少し好き嫌いが別れるかも

2016/03/11 22:56

投稿元:ブクログ

おもしろ〜い!
子供の頃ゴジラを見て、漫画とアニメとSF小説で育ち、ベストヒットUSA見て、ファミコンでRPG(FF、ドラクエ❕)に出会い、大きくなった人。
つまり、僕みたいな人、オススメです。
ディテール一個一個に「ニヤっ」てなります。

2014/06/30 01:35

投稿元:ブクログ

 リアルに限りなく近いバーチャルリアリティゲーム「オアシス」の中で、制作者ジェームスハリデーの死とオアシス内に隠したイースターエッグを見つけた者に遺産全てを譲るというメッセージが現れた。世界中がエッグを目指してオアシス内を探索するが、見つからない。少年はその大事な鍵を見つけ、一躍時の人となるが、命を狙われることに。という破天荒且つオタクなストーリー。2041年を物語の始まりに設定しているが、映画や音楽などは昔懐かしい内容。
 オタクの世界で起こるドラマと冒険を描いた作品でありながら、冒険と日常の間のギャップを見せながら進むストーリーと世界観は秀逸。こういう時代がいつかくる。そんな小学校時代の予感をそのまま小説にしたような感じだ。バーチャルが日常を超える瞬間とは、きっとこういうことなんだと思った。

2014/05/27 23:20

投稿元:ブクログ

いわゆるVRMMOを扱った作品ですが、そのネットワークサービスの成り立ちなども含めて、かなり説得力のある設定だと思う。インターフェースが、あくまでも現在のものの延長線上で描かれているのもいい。
SFではあるものの、出てくるがジェットは80年代が中心なので、TRPGや黎明期のコンピュータゲームに触れていた人間は、ニヤニヤしながら読んでしまう内容になってます。

2014/07/26 14:12

投稿元:ブクログ

仮想空間物ではあるのだろうが、その中での「宝探し」というところに話をもってきたのはなかなか新しいのではないだろうか。
ゲーム物としてだけではなく、様々なゲームやアニメが題材に扱われていたり、青春や成長も織り交ぜてあって面白かった。

しかしこの作品の真価は下巻にこそある。

2016/09/19 23:04

投稿元:ブクログ

VRの調査をするにあたって
調査の一環として読み始めました

素晴らしかった

こんな世の中がいつか本当に来るかもしれない
それは素敵なことかつ難しいことだけど
わくわくどきどき、すごかった

すごかった

2014/10/13 22:47

投稿元:ブクログ

著者と同じAustinに住む上司と、面談でレトロゲームの話に花を咲かせた結果、勧められて読んだ。期待を遥かに超えた70~80年代のサイバーカルチャー満載で、当時どっぷり浸かっていたオッサンには堪えられない。で、わざわざAustinに持ってきて読んでいる。

2014/08/08 02:11

投稿元:ブクログ

小説としては、日本のラノベに比べて何十年も遅れていると感じたが、映画には適した内容と思う。ぜひ全ての版権をクリアして完全映像化してほしい。
懐古厨の欲望垂れ流しを是とするか否とするかは、若い世代の評価にゆだねたいけど、個人的には否。

2015/10/21 22:19

投稿元:ブクログ

面白かったです。
古今東西、今でいうレトロゲームやすこし昔の映画作品、音楽、その他すべてのカルチャーへの愛情が込められた作品。
映画化決定しているそうでとても楽しみです。
ちゃんとした感想は下巻で。

2016/02/28 23:05

投稿元:ブクログ

エネルギーが枯渇した2040年代、人類(の一部)は80年代カルチャーを鍵にしたVR宝探しに熱狂していた……という話。主人公がガチナードな点が特色か。ちなみに原題は"Ready Player One"で、邦題は『ウォーゲーム』に因んだと思われる。

2015/06/27 22:45

投稿元:ブクログ

ざっくり言うと、現実から逃避し、架空の世界に現実よりも価値あるものを認め、その冒険に邁進する主人公の物語。

何十年もの未来、おそらく自分と同世代あたりの男が作り上げた自分の「趣味の王国」が舞台。自分の見知った単語が、「魔法のアイテム」や「古めかしい伝説」として使われているあたりはニヤリとするものがありますが、冷静に考えると恐るべきディストピアである。

前巻は、主人公の孤独や慢心、空回りなどが、やはり同じくギーグである自分にも突き刺さる少々辛い内容。後編ではまたちょっと評価が変わります。

2014/06/12 20:19

投稿元:ブクログ

設定はサイバーパンクだけどでてくるアイテムが1980年代のものなのでアラサー、アラフォーあたりの人にとっては取っ付きやすそう。とてもいい世界観だと思う。

2015/10/26 00:25

投稿元:ブクログ

★★★★☆

ニコニコ生放送で岡田斗司夫が「面白い」と言っていたので買ってみたら当たりだった。

OASISという、セカンドライフのようなバーチャル空間が当たり前になった未来世界が舞台。

そこでOASISを作った天才プログラマーの莫大な遺産を巡る壮大なゲームが展開される。

主人公は両親を亡くして叔母のトレーラーハウスに身を寄せている少年。

彼は、リアルの学校では、貧しさや他人とのコミュニケーションが苦手なことからいじめられ、OASIS内の学校に通っている。

叔母さんも決して良い人ではなく、政府から支給される彼の養育費が目当てで、ろくに世話もせず邪魔者扱いしている。

そんな環境にも恵まれず、金もない主人公だが、遺産争奪ゲームで一躍トップに踊りでたことで彼の世界は一変する。

社会的に弱者である主人公が、自分の運と才覚で華々しい活躍をしていくという、ハリー・ポッター的な王道エンターテイメントだ。

本書の特徴は、そこに80年代のゲームや映画、音楽などがギミックとして散りばめられていること。

今年は『マッドマックス』や『スターウォーズ』の新作が公開されるなど、80年代に縁のある年といえそうだ。

本書はそんな年にうってつけの小説といえる。

主にアメリカ文化が中心なので、聞いたことのない作品も取り上げられるのだが、知っている作品(『ゼビウス』とか『ゴールデンアックス』とか)が出てくると思わずニヤッとしてしまう。

まだ上巻しか読んでないので今後どうなるのかはわからないが、バーチャルな世界なんて捨ててリアルに戻りましょう、なんていうつまらないお説教物語にだけはして欲しくない。

ハリウッドで映画化が決定しているそうなので、そんなに尖った展開になることもなさそうだが、王道エンターテイメントの枠の中でどれだけフレッシュな驚きを見せてくれるのか、それを期待させるだけの魅力は持っている。

さあ、下巻を読むぞ。

15 件中 1 件~ 15 件を表示