サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/07/31 12:23

投稿元:ブクログ

ダリが好き(とは言っても、記憶の固執と内乱の予感しか知らなかったわけですが)なので、この手の入門書的なモノを読んでみました。
あのヒゲで、只者ではないとは思ってはいましたが、想像の遥か上のすごい人でした。
ピカソやフロイト、ヒッチコックとも関係があったり、言動や行動がいろいろすごかったりと、面白すぎる人物ですね。
画集ではなく、ダリに付いての本なので、作品は余り掲載されていませんが、やっぱりどれもこれもすごいです。
挿絵は絵本的ですし、文章量も少ないので、読みやすい本です。

2016/10/07 13:00

投稿元:ブクログ

借りたもの。
ダリの遍歴をまとめた絵本。
ダリのナルシズム、その根底にある恐怖についてほのめかされている。
フロイトの精神分析、ブルトンとの仲違い……

《ゆでたインゲン豆のある柔らかい構造(内乱の予感)》の狂気、危機感のある力強い作風とは裏腹に政治的臆病さというものは、もしかしたらダリの政治的活動への無関心さ(関心は自身の芸術を実現することだから)と、権力者をパトロンとしてしか見ていなかったためではないだろうか。

ダリの作品が後世に与えた影響――性的な意味合いを忍ばせた作品群は、後の広告のそうした手法への先駆となったなども紹介。
ヨーロッパと日本が戦争の閉塞感にうちひしがれる中、《アメリカの詩―宇宙の競技者》に表現されたような、アメリカの商業主義、ポップアート礼讚。

本書では、一貫してダリを‘小さな王様’と表現していた。

2014/10/12 06:49

投稿元:ブクログ

サルバドール・ダリ。上向きに曲がった、独特の口ひげで有名な奇人。「バカと天才は紙一重」を体現する非常識な芸術家だ。

意識外を描く「シュルレアリスム」の代表的画家と言われるダリだが、本人とすれば自分の作風はコレだという意識はなかったのだろう。他人へサプライズを与えるために、自分の頭のなかを描いた結果が有名な「歪んだ時計」であり、「ロブスター電話」であり、「チュッパチャプスのデザイン」なんだろう。

2015/02/04 04:36

投稿元:ブクログ

1904年、裕福な家庭に生まれ、あらゆる我儘を許された小王ダリ。シュルレアリズムに大きな足跡を残し1989年に没するまでの人生を秀逸な作品とともに綴る。印象派を経て新印象派、未来派、キュビズムの実験を試みながら超現実的現実に対する理解を深め偏執狂的批判的方法という考えを発展させていく。シュルレアリズムと徹底した写実主義とを融合させたダリは晩年、精神性と科学的客観性との融合に挑戦する。晩年の作品に満ちている新たな神秘主義には深い広がりを感じさせる世界観がある。

4 件中 1 件~ 4 件を表示