サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

近藤重蔵と近藤富蔵 寛政改革の光と影

近藤重蔵と近藤富蔵 寛政改革の光と影 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/11/20 22:02

投稿元:ブクログ

御家人から旗本へ出世したキッカケは
寛政の改革で設けられた「学問吟味」
登用されて順風満帆なはずが・・・

2014/07/23 12:36

投稿元:ブクログ

新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:210.08//N77//58

2015/03/31 21:47

投稿元:ブクログ

才幹を十分に発揮できない(彼にしてみれば)閑職に就かざるを得なかった近藤重蔵の悲哀がよく分かる一冊。「今少し御多用之御場所」への転用を希望する重蔵には同情を禁じ得ない。本筋とは関係ないところで、面白いと思ったのは、谷本さんが最後の方で指摘されている代官手代の近世・近代の連続性について。明治新政府の地方行政が、幕藩体制の遺産に依拠していたことはよく指摘されているが、役人自身の意識にも連続性が認められるという谷本さんの指摘は、言われてみれば当たり前だけど、大事な指摘だと思った。

3 件中 1 件~ 3 件を表示