サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

荆姫と噓吐きな求愛(小学館ルルル文庫)

荆姫と噓吐きな求愛 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

シリーズ化してほしかったのに...

2016/01/28 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さい頃のトラウマのせいで男嫌いになったヒロインと彼女に出逢う前は生きる意味を見出せなかったヒーロー。軽く病んでる彼の歪んだ攻めを広い懐でサラリとかわしつつ受け止めるヒロインがかっこいいです。
この作者の主人公カップルの中では一番好きな二人だつたので続きが読めれば良かったのですが、残念ながらシリーズにはなれなかったようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い

2016/06/12 11:58

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まる - この投稿者のレビュー一覧を見る

外れのない作家さんではありますが、これは特に面白かったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/15 23:26

投稿元:ブクログ

ううん…些かヒーローのことがわかりにくくてときめけなかった。ヒロインが格好いいことはよっくわかった。

2014/07/09 17:05

投稿元:ブクログ

「王家の蝙蝠」と呼ばれる諜報活動を生業とする一族の娘アイリーン。彼女はある日、当主である祖父から呼び出され後継者として指名される。けれど後継者となれば結婚しなければいけない。けれどアイリーンは筋金入りの男嫌いだった。そんな彼女に祖父が部下として連れてきたヴィルはとんでもない男で・・・。

今シリーズは面白かった。スラスラ読めました。
キャラクターが良いですね。美人だけど男嫌いで女性に大人気の格好良いアイリーンと、人の心が読める直感力を持つ退廃的な魅力のヴィル。主人公カップルの性格と二人の関係性は相変わらずぶっ飛んでますが、そこが宮野さんの描くキャラクター達の良さだと思います(笑)
続編出るのかな?シリーズ化してくれたら嬉しいです。

2014/06/08 23:03

投稿元:ブクログ

宮野美嘉さんの新シリーズ?
おもしろかったです。

諜報活動を生業としている伯爵家の跡継ぎに指名されたアイリーンは徹底した男嫌い。でも逆に女の子にはモテモテで、かなりかっこいいです。(アイリーンの性格的には、「幽霊伯爵の花嫁」のサアラに近いかなって思いました。)

そんなアイリーンの男嫌いを直すべく、送り込まれたヴィルはエスパーと思われるくらい人の心が読める男で、単にアイリーン好き好きっていうだけの男じゃないのがよかったです。

ルルル文庫にはめずらしく、けっこうHっぽい雰囲気になったりもしてますし、ヴィルを手下に諜報活動をするアイリーンの活躍、期待してます。(続くよね?)

2014/10/26 20:19

投稿元:ブクログ

宮野さんの描くキャラは
女子はかなり猟奇的(笑)でも愛情深いってのがお気に入り。
男子も今回は猟奇的だったなぁ。でもやっぱり愛情深いってのがツボ。

武装解除できない女子を描かせたら世界一ではないでしょうか。
もう、全部が好みです。

2014/10/05 12:56

投稿元:ブクログ

宮野美嘉さんの作品なので、ひねくれた主人公達。ひねくれながも、率直に核心を突いてくる鋭さのあるキャラ。
今回、後書きでは、”一番真面目で良識があって一番心優しい正当は主人公であると思っておりますが、初対面の男を踏みつけるというのは女の子としてどうなんでしょうね?”と、いうことで、やっぱりヒロインも斜めです。
輪をかけて、謎の思考と過去をもつ従者ヴィル。人を信頼するということを学ぶ彼の側面や、濃密な蜂蜜のドキドキなシーンもふくめて、宮野美嘉さんらしいちょっと変わった切り口の作品で面白かった。
なので、まったりした優しいお話を求めている乙女にはおすすめできない作品。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3939.html

2015/04/04 16:28

投稿元:ブクログ

おーっと、際どい所まで行っておきながら寸止めかよ~。って、少女小説ならまぁここまでだろうなぁ。よくやった方だよw。生意気な女の子は嫌いだけれど、アイリーンのように筋の通ったクールな女の子は好きです。毒舌可。ヴィルは一歩間違うと狂信的な粘着ストーカーになりそうだわなw。

2014/06/10 00:51

投稿元:ブクログ

ある意味病んでるヒーローだ(笑)幽霊伯爵はヒロインがどうにもダメで脱落したんだけど、今回のヒロインは大丈夫そう!?いや、まだわからんなぁ。シリーズ化するなら、またヒーローとのコンビで事件解決に乗り出すんだろうね。周りのキャラ(主に女性)に愛されるヒロインと、極力お近づきにはなりたくないヒーローと。さて、結婚までこぎ着くか!?

2016/01/21 03:12

投稿元:ブクログ

男前で女性から好かれるヒロインがとても素敵でした。
ヒーローは一癖も二癖もあるひねくれ者で、こちらもなかなか面白い人だったのですが、ヒロインへの「あなたを好きになってもいいですか」というセリフがいまいち理解できず…。
その言葉が出る時点でもう好きになってるんじゃ?

魅力的な二人だったのですが、あと一歩足りないなという感じでした。

10 件中 1 件~ 10 件を表示